iPhone8は虹彩認証採用でセキュリティー機能アップ

虹彩認証とは、一人一人違う人身の回りのシワである虹彩を登録することによって、その人を識別できるという機能です。iPhone8に搭載されると期待されています。期待の新機能、虹彩認証について知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

現在のiPhoneに搭載されているセキュリティー機能

現在iPhone7にも搭載されている最も一般的でメジャーなセキュリティが指紋認証です。指紋認証とは、iPhone本体に指紋センサーを内蔵し、ユーザーがあらかじめ登録していた指紋とマッチしたとき認証を行います。最初に指紋の登録する手間はありますが、かなり正確に認証できます。しかしながら、寝ている間に指でロックを解除させるリスクがあったり、濡れている手ではセンサーが反応しない、当然ながら登録した手以外は使えないなどといったデメリットもあります。

iPhone8に搭載される?虹彩認証とはどんなもの?

顔認証は顔全体の特徴を捉えることで判定を行います。これをもっと進化させたものが虹彩認証です。虹彩認証とは、瞳の黒目を覆う外の部分、すなわち虹彩におけるしわを読み取ることで判定を行います。虹彩は非常に細かく個人差がありますので認証には向いています。

今回虹彩認証がiPhone8に登録されるとは?

現在のTouchIDは指が濡れていたりふやけていたりすると動作しません。虹彩認証においては、一人一人違いますので虹彩の複製もできませんし安全度はかなり高いと思われます。しかしながら、虹彩のしわはとても細かく、それを読み取るにはかなり精度の高いカメラを搭載する必要があります。ですが、今後発売が予想されているiPhone8についてはデュアルカメラを搭載し、その画質も極めて高いことから、虹彩認証が可能になっています。そのため、iPhone8のカメラ機能はもちろんのこと、虹彩認証をはじめとしたセキュリティー機能も高まります。

iPhone8に新たに搭載されると記載されているセキュリティー機能は、虹彩認証です。虹彩認証とは瞳の周りの黒目を覆う外周部分、虹彩のしわを読み取ることで判定を行えます。そのため、従来の指紋認証に比べてセキュリティー機能も上がりますし、濡れている手や手袋をつけたままiPhoneを操作しても使うことができるというメリットがあります。iPhone8にはいろいろな機能が搭載されていますが、そのなかで虹彩認証は目玉とされる新しい機能の一つとして期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ