iPhone8発売待ちでiPhone市場が低迷中

2016年に発売されたiPhoneの現在の最新機種がiPhone7です。しかしながらiPhone7が発売されてから一年後の2017年は少しその売れ行きに限りがみられています。そのため、

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7が2017年にはあまり売れていないってどういうこと?

iPhone7が発売されたのは、2016年のことです。iPhone7は販売当初特に新色のジェットブラックを中心に売り切れとなっていました。予約販売や店頭で並んだ人以外は、なかなか手に入れることができず数か月後になる人もいたようです。しかしながら、2017年に入ってからはiPhone7の販売にやや陰りが見えられており、iPhoneに詳しいアナリストによると、販売台数予想を当初の予想より3パーセントほど引き下げたともいわれています。このように2017年はiPhone7の販売に少し陰りが見えてきているのです。

2017年は新しいiPhoneに期待する人がたくさん

2018年は、iPhone8が発売されるのではないかと言われているため、iPhoneユーザーとしてはその販売を待っているのではないかというのが、2017年になってiPhone7の売り上げに陰りが見えた理由の一つです。iPhone8は、iPhone7に比べてサファイアガラスなどの強化ガラスでできたスタイリッシュなボディ、ベゼルレスを実現し全画面ディスプレイを採用するなどという大きな違いがあります。そのため、どうせ購入するのであれば新しいiPhone8を購入したいと思う人が増えているからです。

iPhone8の販売時期はいつ?

iPhone7が2017年になってから売り上げが少し停滞しているのは、iPhone8の発売を期待しているからです。iPhone8の発売時期については、今までのサイクルとして2年に1回の2018年という説もあれば、iPhone10周年の2017年委発売されるという説もあります。最近になってiPhone8と思われる設計図や、iPhone8の革新的な機能について着目されていることから、ユーザーとしてもiPhone8の発売の可能性を考えているのではないかと推測されます。

2016年に発売されたiPhone7について2017年に売上が少し停滞しているのは、新しい機種であるiPhone8の発売を期待したものと思われます。iPhone8の新機能が少しずつ着目されており、ユーザーの期待も高まっているからです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ