iphone8デザインがアルミからガラスに

今まで金属製であったiPhoneのボディですが、今後発売が予定されているiPhone8については、デザインがアルミからガラス製になると予測されています。ガラス素材をベースとした美しいデザインのiPhone8に注目してみましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8のボディはガラス製になる?

iPhone7まではボディは主に金属製であり、カメラやホームボタンなど一部の機種の一部の部品にガラスが採用される程度でした。もちろん、ガラス製ボディは美しい見た目から過去に採用されたこともありました。しかしながら、その頃の強化ガラスは硬度に優れていなかったため、破損などのリスクもありました。一部ではiPhoneの液晶は壊れやすいと言われていたためです。最近ではiPhoneがサファイアガラスなど強化ガラスの特許を取得したこともあり、より耐久性に優れてデザイン性の高いガラス製ボディを実現することができます。

人気のあるガラス製ボディとは?

iPhoneユーザーにとってガラス製ボディは、きれいなデザインと使いやすさから支持されています。特にユーザーアンケートでは過半数のユーザーがガラス素材を使用してほしいと答えています。iPhone7では、一部にガラスを取り入れたジェットブラックを発売していましたが、この新色が入手困難になるほど売り切れが続出しました。そして、iPhone8では全部のカラーにガラス製ボディが採用されます。それも、iPhone8でのフルモデルチェンジの一つです。

iPhone8が金属からガラス製になることにはメリットが!?

iPhone8の素材にガラスが使用されるメリットは見た目の美しさのほかにもあります。たとえば、iPhone8ではワイヤレス充電に対応していますが、そのワイヤレス充電の感度を良くするのが金属ではなくガラスだからです。また、強化ガラスで加工をしていますので、キズがつきにくいですし手入れも楽になります。ですので、iPhone8にガラスを組み込むことは、見た目だけでないメリットがあるのです。

今後発売が予定されているiPhone8については、ガラスデザインが使用されると予想されています。強化ガラスを使用することで、スタイリッシュなデザインを実践させることができるだけでなく、ワイヤレス充電をしやすいなど機能を向上させることもできます。iPhone8に使用されるガラスについてはサファイアガラスが予想されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ