【凄い】iPhone8で噂される有機ELディスプレイについての詳細

iPhone8では、有機ELディスプレイを採用することがわかっています。今までは予測の範囲だったのですが、すでに公式での情報でわかっているだけでも、十分な情報と言えます。そんな有機ELディスプレイとは、どういうものなのでしょうか。詳細について解説していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

有機ELディスプレイとは

まずは有機ELディスプレイがどのようなものなのかを知る必要があります。これは簡単に言うと、電圧をかけることで発行する機能を搭載したディスプレイと言えます。ガラス基板を活用して、直流電圧をかけて表示をおこなうもので、iPhone8でも採用が検討されているというより、すでに公式が発表したとのことです。実際に両面ガラスにすると予測されていたiPhone8ですが、タッチ画面に関しては、柔軟性に富んだ有機ELディスプレイにすることが検討されています。発色が良いため、画面の視認性が高くなり、また電飾消費効率も良いと言われています。その反面、長時間使用すると焼き付きが発生するとの懸念もあります。

有機ELディスプレイのメリット

有機ELディスプレイは、液晶画面に比べて発色が良いと言われています。実際にスマホの画面を見ても「なんかパッとしないな」と思ったことはないでしょうか。有機ELディスプレイを採用すれば、発色が良くなるので視認性が高まります。それに、画像や写真などもより綺麗に出力することができるのです。さらに、消費する電力を節約することが可能となるので、カクカクすることなども避けられます。応答速度が上がるため、操作性も従来より向上することでしょう。その他、かなり薄型にすることができることなども、有機ELディスプレイのメリットと言えます。それと、落としても割れにくいということもあって、従来のiPhoneシリーズに比べて耐久性も向上すると考えられます。

有機ELディスプレイのデメリット

有機ELディスプレイは、焼き付き問題がどうしても付き物だと言われています。スマホを長時間使っていると、有機ELディスプレイの場合は焼き付きが発生します。これは画面が焼き付いてしまうというもので、視認性の低下や操作性の低下に繋がるでしょう。ただ、新作のiPhone8に導入するからには、その点は改良しているはずです。また、屋外での視認性についても問題視されていましたが、その点もiPhone8はクリアしていると言えるでしょう。デメリットは少ないですね。

iPhone8に採用される可能性が高い有機ELディスプレイは、従来のiPhoneシリーズとは一線を画すデザインへの変更にも活用できます。また、性能や機能の面でも変わってくることが多くなりそうです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ