【どういうこと?】iPhone8のTouch IDは画面と統合?

今や当たり前のように搭載されている指紋認証システムですが、今回のiPhone8から指紋認証機能のTouch IDがディスプレイに統合される噂があります。今までは背面に搭載されるという噂などもありましたが、ディスプレイに統合されるというものが濃厚のようですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDが統合されるとどうなる?

ディスプレイにTouch IDが統合されると、必然的にホームボタンが廃止となります。これは有機ELディスプレイが採用されたことにより、実現されたものと言えます。では、ホームボタンがなくなって、どうなるのかというと、ディスプレイ上に仮想ホームボタンのようなものができて、そこをタッチすることで指紋認証がされるようです。一昔前のSF映画のような機械が実際に登場して、当時心を弾ませていた人はiPhone8に乗り換えたいと考えているのではないでしょうか。

デメリットもある?

現時点でTouch IDがディスプレイに統合された場合のデメリットとして、画面が割れた時の修理が面倒になりそうというものがあります。画面割れでは非正規の修理店に出していた人も、Touch IDがディスプレイに内蔵されたことでApple社に送らなければならなくなる可能性が高くなったのです。つまり、修理に時間がかかるというデメリットが出てくるかもしれません。

問題点はまだまだある?

発売までの問題点としては、iPhone8の量産が追い付いていないという噂があります。かなり高性能な物になっていますから、生産が追い付かないのは納得できますね。もしかしたら、Touch IDが原因で発売日が遅れる可能性もないとは言えません。iPhoneユーザーにはやきもきさせられる時間が長くなるかもしれませんが、それだけの高スペックなので、正式な情報発表を待つことにしましょう。しかし、現時点では生産が追い付いているという噂の方が多いので、発売日が遅れることはないかもしれませんね。

今回はiPhone8のTouch IDについて、ご紹介させて頂きました。Touch IDがディスプレイに統合されることにより、便利になる点もあれば、やや使いづらそうな点も出てきますね。主にデメリット面は故障時に多いかもしれません。壊さないように使えばいいだけの話ですが、やはり使用頻度によっては壊れてしまうこともあります。ですから、そういう人にとっては、いくら高スペックになっても故障時のデメリットが大きければ複雑な気持ちになってしまうかもしれませんね。こちらもあくまで予想なので、実際はどうなるか発表されるのを待つしかありませんね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ