iPhone8の厚みは、どれくらい?

iPhone8について、いろいろな予想がされています。その中でも気になるのは大きさです。ディスプレイの大きさも気になりますが、厚みというのはどれくらいになるのでしょうか。ディスプレイの形によっても、本体の厚みは変わってくるものです。機能的の面から考えて、iPhone8の厚みを予測してみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7の厚みは

現在市場に出回っているiPhone7は、どれくらいの厚みがあるのでしょう。iPhone7は、7.1ミリです。そして、iPhone7Plusは、7.3ミリという厚みです。iPhone7は、バージョンアップして、iPhone本体は厚くなりました。それだけいろいろな機能があるということでしょう。iPhoneSEは、iPhone7よりも前のバージョンですが、7.57ミリです。このままいくと、iPhone8はさらに厚くなると考えられるのではないでしょうか。

iPhone8は厚くなるという考え方

iPhone8の本体は、厚くなると考えられています。具体的には、iPhoneSEと同じ7.57ミリだといわれています。どうしてiPhone7よりも厚くなるのでしょう。それは、金属のフレームを2枚のガラスで挟むという方式の作りになっているためです。この方法でiPhone8が作られるとなると、iPhone7よりも本体は厚くなると考えられているのです。本体の厚みは、iPhone8の機能と大きく関係しています。

iPhone8は薄くなるという考え方

もうひとつ、iPhone8の本体の厚みについて、薄くなるという考え方があります。それは、iPhone8はベゼルフリーで、全面ディスプレイとなるので薄くなるのではないか、ということです。べゼルフリーとは、ベゼルという枠や額縁を意味するものがなくなるということです。全面ディスプレイとなることで、薄くなる、ということです。具体的な数字としては、厚みが4ミリとされています。iPhone7からすると、およそ半分ほどの厚みになるという予想です。

iPhone8の厚みについては、厚くなるという予測と薄くなる予測と、両方があります。どちらも、機能的なところから考えての予測です。実際のところ、iPhone7よりもiPhone8が薄くなるのか厚くなるのか、発表されるまで何とも言えません。けれど、iPhone8が使いやすいものとなっていることを願わずにはいられません。iPhone8の大きさと厚みで、持ちやすくなっているといいものです。iPhoneは携帯電話なので、携帯しやすい形がいいですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ