iPhone8の品薄状態は、いつまで続くのか

iPhone8は、これから販売される新機種として注目されています。ワイヤレス充電やデュアルカメラが搭載されており、3D写真やVR,ARなどスマートフォンのなかでも最先端の機種として知られています。このようなiPhone8ですが、発売当初は品薄状態が予測されます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8は品薄状態が予想される

iPhone8はiPhone7にない機能がたくさんあるだけでなく、金属製からガラス製へとボディも変えており、かなり見た目もスタイリッシュになってガラスならではの輝きも誇っています。そのため、機能重視のユーザーにとっても中身重視のユーザーにとっても人気になっています。iPhoneは8については、ほとんどのアナリストが前もって予約をしていないと入手不可、というような見込みを持っています。最近ではiPhone7の購入台数がやや伸び悩んでおり、これがiPhone8を待っている人の表れではないかとみる人もいます。iPhone8が発売されると、数か月以上品薄が続くと言われています。

歴代のiPhoneはどのくらい売れたの?

iPhoneのユーザーは世界中で拡大を続けています。過去の事例でいうとiPhone6sとiPhone6Plusについては発売から3日間で1300万台以上売り上げたと発表されています。2014年に発売されたiPhone6は1000万台、2013年のiPhone5S、5Cに関しても600万台売り上げています。iPhone7についての売上台数は残念ながら公開されていませんが相当数を売り上げたと予想されます。

iPhone8は手に入れるまで数か月かかる?

iPhone8については、発売開始月に供給されるのがわずか300から400万台と、当初はかなりの品薄状態が予想されます。なぜなら、iPhone8は初めて有機ELディスプレイを搭載していますが、この有機ELディスプレイが大量生産には向かないからです。確実に手に入れようとするのであれば、iPhone8が予約販売された際に速やかに予約をすることが必要です。

iPhone8は販売されてから数か月は品薄になることが予想されます。なぜなら、iPhone8はフルモデルチェンジしていますので機能面でも見た目の面でも多くの人に注目されているからです。一方で有機ELディスプレイが大量生産に向かないため、iPhone8発売当初は品薄になることが予想されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ