iPhone8はiPhone7からサイズ変化なしで5.8インチ画面に!

iPhone8は現在開発されている機種であり今後の発売が予定されています。iPhone7と同じような大きさでありながらも画面フチのベゼルをなくしたり、ホームボタンを廃止して全画面ディスプレイを採用するために5.8インチと大画面化されるとみられています。これには、iPhone8が採用すると言われる有機ELディスプレイも多いにかかわっています。iPhone8が大きさを変えずに大画面化することについて知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8が大型化するってどういうこと?

iPhone8は画面の大型化が起こると言われています。大きさはiPhone7と変わりはないものの、全面ディスプレイになるため、その分画面が広くなります。大きさが変わるとなかなか片手では使えないが、これなら片手に収まる大きさでより大画面でiPhoneを使えるようになります。まず、iPhone8ではホームボタン及び画面のベゼルと呼ばれる淵の部分をなくすことによって、なめらかな流線型のボディが実現するだけでなく、画面の大きさも変わります。そのため、iPhone8の画面が大型化し、一方で端末のサイズはそのままなのです。

iPhone8のサイズはどのくらい?

iPhone8は画面ふちのベゼルという部分を配置したことにより、現行iPhone7のサイズがそのままに、画面が4.7インチから5.0インチになります。また、5.5インチのものは、5.8インチというようにそれぞれ大画面化します。そのため、動画を大迫力で楽しむことができます。現行サイズのままですので、iPhone7を持っている人はiPhone8に買い替えることでケースがそのまま使えそうですが、実際は薄型化するので、そうではないようです。

iPhone8のホーム画面はこう変化する

iPhone8はiPhone7と同じ大きさでディスプレイの大きさが変わります。iPhone8の画期的な変化としては、やはり全画面ディスプレイを採用することによって、ホームボタンが廃止されます。そのため画面のどこを押してもセンサーが感じて電源を入れたりすることができます。

iPhone8とiPhone7は大きさがほぼ変わりませんが、全画面ディスプレイを採用することによって、従来の大きさでありながらも画面のサイズは大きくなります。これから販売されるiPhone8は、5インチと5.8インチの2サイズのサイズ展開だと思われます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ