iPhone8、4ミリの薄さを実現

次世代iPhoneとも呼ばれる優れた技術を搭載している最新機種が、目下開発中と言われているiPhone8sです。iPhone8sはベゼルフリーや有機ELの採用により、薄さ4ミリを実現していおり、ファンから注目されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8で薄さを実現できた理由は?

iPhone8は従来のiPhoneには無かった薄さを実現しています。iPhone8ではないかと思われている図面が世に出たことから考えても、現行モデルよりも薄型化、軽量化がはかられています。iPhone8のディスプレイ面はほぼ全面ガラスになり、ほぼベゼルレスになっています。そして、画面下には、FaceTimeカメラやマイク穴、センサーや3Dセンサーなどが埋め込まれていながらも、しっかりとした配置で4ミリという薄さを実現しています。背面にはデュアルカメラを搭載していますが、それでも従来のiPhoneよりも大変薄い仕上がりになっています。

iPhone8が実現したベゼルフリーとは?

ベゼル部分というのは、iPhoneの液晶画面の上下左右の余白です。そのベゼル部分をなくして全面ディスプレイを採用する、それがiPhone8です。ベゼルフリーを実現することによってふちの部分がなくなり、またホームボタンもなくなりますので、iPhoneにおける凹凸を可能な限り少なくしています。さらに、有機ELを採用するなど、素材から工夫することによってわずか4ミリという薄さを実現しています。ベゼルフリーは、本体の液晶画面を大きくして本体すべてを液晶化するものですが、薄さにも貢献しています。

iPhone8で実現、4ミリの薄さへの工夫

iPhoneは今までも技術革新を重ねることによってかなりの薄さを実現してきました。iPhone7においては厚さが7.1ミリ程度とまあまあ薄いように思えるのですが、今後発売が予定されているiPhone8は、厚さが4ミリと今までのiPhoneの約半分の薄さになると計算されます。充電もワイヤレス充電になりますので、Lightningコネクタが必要ないという理由もあります。iPhone8のコンセプトイメージを見ても、まず目を引くのがそのiPhoneとは思えないかなりの薄さになっています。

iPhone8は、全画面ディスプレイを採用するだけでなく、その薄さについてもさまざまな工夫を凝らしてきました。現行のiPhoneの7.1ミリよりだいぶ薄い4ミリという薄さを実現しています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ