【iPhone8じゃないよ!】iOS8の天気アプリの使い方まとめ

iPhone8はいろいろな使い方が期待できますが、なかでも天気アプリは人気です。日本の天気は季節によってとても変わりやすいですのであらかじめ天気アプリを入れておくことによって、天気予報だけでなく花粉飛散情報までわかります.iOS8における便利な天気アプリについて知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iOS8の天気アプリとはどのようなもの?

実はiPhoneのOSであるiOS8は、標準搭載されている天気アプリが変わった、ということでも有名です。iOS8はそれまでの端末であったiOs7から大幅にアップデートされて使い勝手が良くなりましたが、天気アプリについてもその一つです。iOS8では、これまでのyahoo!天気からWeatherChannelへと天気アプリが変更されています。

iOS8で搭載されている、WeatherChannelは何なの?

Yahooと比べてWeatherChannelは、天気の情報が充実しています。なぜなら、Yahooはもともと自社で天気予報の情報を作成しているのではなく、WeatherChannelの情報を取り入れて、iPhoneに表示しているという仕組みです。今回、iPhoneのOSがiOS8にバージョンアップされたことにともない、間に挟まれていたYahooをなくして、天気の専門チャンネルであるWeatherChannelが直接iPhone端末に標準搭載されるようになったのです。

天気の情報アプリ、WeatherChannelは何が便利なの?

iPhoneに搭載されているWeatherChannelは、天気予報の表示日数が5日間から9日間へと増えていて、さらにはその下には天気に関する詳細な情報が表示されているので、とても使い勝手が良くなっています。その日の天気の詳細が時間ごとに表示されますので、洗濯物を干したいときや紫外線情報を知りたいとき、服装の参考にするために気温を知りたいときにも便利です。自分でインストールして使うことができる天気のアプリはたくさんありますが、iPhoneに標準搭載されているものであっても極めて優秀です。

iPhoneにおけるOS、iOS8では、今までのiOS7ではYahoo!天気であったものが、天気の専門情報チャンネルである、WeatherChannelに変更されました。WeatherChannelは、9日間もの天気を予測して表示されているだけでなくさまざまな情報を手に入れられて便利です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ