iPhone8、廃止と噂されたヘッドホンアダプタが同梱との噂

iPhoneはいろいろと変化や進化をする代わりに、不要になった機能および変化を求めたい機能をちょっと無理にでも変更することがよくあるのです。そこで今回はiPhone8で廃止と噂されたヘッドホンアダプタについていろいろと調べて記載していきたいと思います。この噂の信ぴょう性はどの程度のものなのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7でいろいろあったイヤホン関連

iPhone7で大きな騒動となったものの一つがイヤホンジャックがないことです。この変化に対して好意的解釈をした人はほとんどいませんでした、もともと使っていた3.5mmのヘッドホンジャックが気に入らないとか不要という意見はほとんどなく、むしろ多くの方々があって当たり前のものとして認識していたので、その当たり前のものがなくなってしまったことの反発のほうが大きくなったのです。それでも、Lightningポート経由ヘッドホンアダプタをつなげば、今まで使っていたイヤホンを使うことができるので無駄になるわけではないのですが、これは充電の差込口を使うことになるので、充電しながらイヤホンを使うことができなくなってしまったことを意味しております。

このイヤホンジャックを廃止した理由は、この3.5mmポートがアナログ出力であったため、回路内がほとんどデジタルになっている今のiPhoneではスペースなどを余計に取られることになってしまい、バッテリーのもちなどにも悪影響を与えていたのです。音質向上の可能性もありましたので、性能アップのためのやむを得ない変化ということになります。

iPhone8にはヘッドホンアダプタは同伴されるの?

そんなさわぎがあったiPhone7ですが、Lightning3.5mmヘッドフォンジャックアダプタを付けることでイヤホン関連の不満を減らそうとしました。その流れはiPhone8でも変わらないだろうという予測が建てられているのです。しかし、このヘッドフォンジャックアダプタ同伴は2018年モデルで終了するという噂もあるので、使われ続けることはないと満たれております。

ただし、2017年2月の情報では2017年に発売予定のiPhoneには同伴されないだろうという予想もあったので、この部分は不透明であるといわざるをえません。

iPhoneのような精密機器の内部構造を詳しく知っている人はなかなかいないでしょう。そのため、実は今まで当たり前のように使っていた機能が足を引っ張ってしまう可能性というのが実はあるのです。イヤホンジャックもその例の一つであり、iPhone8になってもこのイヤホンジャック関連は騒がしくなるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ