iPhone8は新型GPUを搭載でグラフィックス性能が向上

iPhone8に搭載されている機能のうちでも特に話題が多かった3DセンサーやAR・VR機能を支えているのは、GPUと呼ばれる半導体チップです。GPUの開発でコンピューター業界は大幅革新をしたのですが、iPhone8ではさらにパワーアップしたGPUが搭載される見込みです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

GPUの概要

画像処理を瞬時に行うハードウエア・集積回路です。コンピューターには命令を処理するための様々な集積回路がありますが、GPUはいくつかある画像処理専用集積回路の1つであり、特に3DCGなどの拡張現実や仮想現実の映像化に大きく貢献しています。GPUが開発された事によってこれらバーチャル映像が形になったとも言えるほど、GPUが近年のコンピューター業界へ果たした役割は大きいものがあります。画像などのデーターを送信した場合相手のコンピューターに届いて表示されるまでの時間が大幅短縮されるため、ストレスなくデーターの送受信を行う事ができます。世界の政府公認の研究機関や大学そして娯楽施設、企業、携帯電話やパソコン、ロボット、医療機関などあらゆる分野で活用されています。ICカードなどにもGPU機能は応用されていますから知らない間に生活の中でGPUの恩恵を当たり前のように受けている事になります。CPUとしばしば混同される事もありますが、その大きな違いは画像表示を加速させる機能の有無です。CPUはあらゆる命令系統を司る重要な集積回路の1つですから、コンピューターがスムーズにデーター処理や送受信を行うためには不可欠ですが、GPUはCPUの機能をさらパワーアップさせるのに有効です。

iPhone8ではさらにパワーアップしたGPUが搭載

iPhone8がユーザーの間でしばしば話題となり人気ぶりを加熱させている要因の1つは、3DセンサーやAR機能が搭載される事によります。iPhone8の製造元であるAppleは世界中の大手企業に部品発注をしていますが、その1つであるイギリスの民間企業でGPU開発も手がけている事はよく知られています。昨今その企業からGPU機能が大幅に向上した事が発表されました。10億回もの浮動小数点数演算が可能な処理性能を示すギガフロップスを35%も向上、命令処理能力を示す出力密度も80%アップしたというのですから、ゲームをするにもデーター処理をするにも高速データー通信を充分に堪能できる事になります。3Dデーターとして顔認証がデュアルカメラの機能として追加される事も発表されていますが、こちらもさくさくと鮮明に表示されるであろう事は容易に想像できます。すでに技術開発に強みを持つメーカーも買収済みですから、従来以上に使い勝手がよく精度の高いカメラを使える楽しみが増える事になります。

将来的にGPUを独自開発される可能性もあり

ユーザーとしてはわくわくするようなニュースが飛び交う中で、開発にあたった企業を震撼とさせるニュースも報告されています。というのはAppleを有力なお得意先にしている企業が世界各国にあるのですが、Appleがそれら取引企業を整理し始めたというのです。将来的にGPUが独自開発されると思われる動きが見えるからです。

iPhone8の開発を機にGPUを含む多くのコンピューター技術が躍進を続けています。iPhoneシリーズの動向を見守る事にしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ