IPhone8が指紋ではなく顔認証を採用される!?

iPhone7が発売されてから約1年近く、そろそろ次なる新機種であるiPhone8が待ち遠しいこの頃です。巷では、ここ数年通り、9月中旬以降に発売されるのではないかとの予想があります。その発売日も気になるところですが、このiPhone8は今までのTouch IDではなく、顔認証が採用されているらしいとのうわさが最近報じられるようになりました。さて、この顔認証とはどんなものでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDからウワサの顔認証について

iPhone7までは、Touch IDと呼ばれる指紋認証でしたが、その代わりに今回のiPhone8から顔認証に力を入れているという情報が流れています。これまでもカメラ機能については、毎回のように新たな機能が追加され、充実されてきていますが、さらにもっとクリアーなものが提供されそうです。すでに人体検出、顔検出などができるカメラになっているので、顔認証についても比較的簡単に搭載できそうなことは十分予想されます。ここでは、顔認証についてまとめてみました。

顔認証になるためのカメラも変わる

顔認証については、3Dカメラの搭載が考えられているようです。もし、3Dでなく、普通のカメラのままであった場合、写真と同じように平面でとらえてしまうので、もしも本人以外の人間が写真を使っても認証されてしまいます。それでは安全性の面からも問題がありますので、やはり立体的に特徴をとらえるものでないといけません。従来までは、Touch IDでの指紋認証により、店頭やweb内、iPhoneのアプリケーション上でApple payと呼ばれる支払いができましたが、それも、より安全で確実な顔認証にて行うことになるでしょう。

顔認証のメリットとは

顔認証のメリットについて考えてみましょう。従来までの指紋認証も本人唯一のものですが、顔認証の場合は、さらにその人だけの固有のものが多くあります。人間の顔は、大きさもいろいろ、鼻の高さもいろいろ、それぞれのパーツの位置もいろいろ、目の大きさもいろいろ、さらには目の虹彩と言うところも特有のものです。それらを3Dカメラで読み込めば、個々のわずかな違いも見分けられ、より精度の高いものになります。それだけ安全度も確実に増すことになるでしょう。さらに濡れた指先では使いにくい指紋認証も、顔認証であれば問題なく使えるなど、ちょっとした便利さも快適に感じるでしょう。

iPhone7まで搭載されていた指紋認証よりも、大きなメリットをもたらす顔認証システム。指紋認証に慣れてしまっていて、特に不都合は感じなかったかもしれませんが、もしこれがこのiPhone8に搭載されるとなれば、今まで以上により確実にセキュリティを考慮した安全面でのスペックも高いものになります。その分、もちろん価格も上昇しそうですが、サイバーテロによる金銭面での犯罪も多い現代においては、高い安心にはとうてい代えられそうもない魅力を感じます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ