iPhone8は強化ガラスで出来たフレームを覆った新デザインか

iPhone8のモデルデザインに関してはリーク画像や設計図などが何度も流出しており、多種多様な予測がたてられましたがついに最終決定とおぼしきデザインが発表されました。真相に迫ります。iPhone8のモデルデザインに関してはリーク画像や設計図などが何度も流出しており、多種多様な予測がたてられましたがついに最終決定とおぼしきデザインが発表されました。真相に迫ります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8は全面ガラス張り

これが最後かと思えるリーク画像を確認してみると噂通りに全面ガラス張りの斬新なモデルデザインになりそうな気配です。最初にこの情報が流れた時に落とした時の衝撃はどうするのだといったような懸念がひろがりましたが、二重ガラス製にした間にステンレス製フレームを挟み込むような形にする事で懸念を払拭しています。2.5Dラウンドエッジ加工されて丸みを帯びた優しい雰囲気のデザインに落ち着くようです。ガラス張りだと電気を通しやすいというメリットもあり、今後iPhone8以降のモデルにはワイヤレス充電と高速・遠距離充電機能を搭載させ、蓄電時間も大幅拡大する見込みである事から必然的に実現したデザインとも言えます。背面もアルミ板からガラス張りの鏡面ボディとなる見込みという事で、大変斬新なデザインに更新される事になります。最初に噂として上った表面が曲面になるとの噂はリーク情報によって消滅しました。売り出し前からiPhone8専用カバーの提供を始める動きが出るほどに、iPhone8のデザインには多くのユーザーが着目していたのです。背面がガラス張りで金属製フレームというデザインは他機種にも受け継がれる見込みです。

iPhone8のデスプレイも更新

iPhone8のデスプレイは5.8インチという大画面になる見込みですが、そうなるとタッチボタンやホームボタンはどうなるのかという話しになりますが、これまでも何度か話題になったようにデスプレイに埋め込まれてバーチャルボタンになります。物議を醸し出していたTouch IDですが目下光化学センサーとしてデスプレイに埋め込む形で研究開発を進めている過程にあるようですが、難航しているらしいとの情報がありますから発売予定日に間に合うかどうかは微妙です。楽しみにまちましょう。

iPhone8のデザインは他機種にも採用

従来モデルは背面にアルミ板が使われていましたが、使い込むとさびてきて外観が悪くなる難点がありましたが、iPhone8でガラス面に変えられた事に加えて、フレームがステンレスに変えられたのは電荷受信の妨げにならないゆえに、ワイヤレス充電をスムーズに行えるようになるためである事が1つと、コスト削減になる事の2つが考えられます。iPhone8のデザインはiPhone7sおよびプレミアムにも引き継がれる可能性が出てきました。今後他の機種にも拡大していくかもしれません。3Dセンサーによる顔認証も精度を上げるための技術開発に苦心していて、多くの科学者をかき集めての研究開発を急ピッチで進めているらしいですが、なかなか厳しいところを通っているようです。遅くとも今年末ぐらいには発売される見込みですが天下のapple社ですから、ぜひ良いものを作って欲しいと多くのユーザーは期待しています。

iPhone8の全容が少しずつ見えてくるにしたがって発売がいよいよ楽しみになってきたというユーザーも多いのではないでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ