iPhone8の登場でチップが枯渇に

iPhone8の特徴に大容量のメモリと高速充電機能とありますが、世界最新技術が使われています。最先端技術の基となっているのがビデオやカメラにも導入されているNAND型半導体チップです。世界各社がすでに製造を開始してはいるもののある問題にぶつかっているのです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

NAND型半導体チップとは

iPhone8に導入される予定のNAND型チップとはどのようなものなのか、聞き慣れない人向けに簡単に説明します。スマホ以外にもパソコンやビデオあるいはカメラといったあらゆる機器に一般的に導入されている小さな金属板です。人差し指の先に余裕で乗る程度の小さな物体ながら100万回路から1000万回路というとてつもない回路が集積されているのです。1つの回路の大きさは10億分の32㍍ですから肉眼でみる事のできるレベルのものではありません。これが導入された事により大容量かつ最速の記録と保存が可能となりました。まさにiPhone8の命とも言えるパーツです。また日本の技術は世界で高い評価を受けており、様々な分野で活用されている事も注目に値する点です。

iPhone8発表が世界にもたらした影響

早くから世界の注目を集め、多種多様な噂が飛び交うiPhone市場では、当チップを巡って大混乱が起きているのです。独占的供給を請け負うチップメーカーへ世界中からのオーダーが集中するあまり、供給が追いつかない事態が起きているゆえです。もうまもなくiPhone8の販売が始まろうとしているにも関わらずです。万が一供給が間に合わなかった場合は新製品販売を遅らせるか、レベルを1ランクないし2ランク下げて売り出さなければならなくなります。一方早くからチップ生産に取りかかっているメーカー側は、順調に出荷計画が進んでいる旨をメディアを通じて公表していますから、いったいどの報道が本当の事を言っているのかまったくの混迷を極めている事は否定できません。まさに文字どおり世界中でチップが枯渇になる事は日を見るよりも明らかですから、果たしてすべてのユーザーが無事に本物のiPhone8を手に入れる事ができるのかどうか、今は動向を見守るしかないのが現状です。

万が一iPhone8搭載予定のチップが在庫不足となった場合

チップを導入しているのはiPhone8だけではありません。パソコンやスマフォあるいはカメラやビデオといった多種多様の機器への導入が一般的になっているところへ、iPhone8の生産が増大する見込みであるにも関わらずチップ供給に限りがあるとすれば、当然ながらチップそのものが枯渇になるはずです。万が一の場合はスマホなど他の機器のストレージが下がった状態での流通が始まるかもしれません。iPhone8には最新テクノロジーの半導体が搭載される事はもう確定していますから、今更ランク下げをする事は現実的ではありません。実際こっそりとランク下げをして販売していた事が大問題となって社会からシビアな指摘を受け釈明会見を余儀なくされた事を考えても、iPhone8のランク下げはまずあり得ないでしょう。当分市場での混乱は続きそうです。打開策として限定販売という形になる可能性が出てきました。

iPhone8の量産がチップの枯渇による混乱を世界中の競合社間で引きおこそうとしています。場合によっては限定販売という形になるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ