iPhone8の充電には端子が不要

iPhoneの充電といえば、これまでライトニングケーブルによる接続が一般的でした。ですが、有線であることのわずらわしさやケーブル自体の故障しやすさなどもあり、決して理想的な仕様ともいえませんでした。そんな中、iPhone8で期待されている機能が、端子を必要としない充電です。もちろん端子が不要であればケーブルも必要ありません。いったいどのようなものなのか、特集しました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8の目玉のひとつワイヤレス充電

端子を使わずに充電するとなれば、考えられるのは無線による充電、いわゆるワイヤレス充電です。とはいえ、この仕様については以前より注目されており、すでに採用されている他者スマートフォンも少なくありません。主には、専用の充電台に置くだけで充電されるといったものです。ですが、この場合であっても台には線が繋がっているので、決して高い自由度が得られるようなものでもありませんでした。

そんな中、iPhone8は台に置く作業すら必要としないワイヤレス充電なのではと期待されています。そうなれば、まさしくケーブルにわずらわされることがないフリーな充電が可能となります。具体的にどのような機能なのか、次項でさらに掘り下げていきます。

iPhone8のワイヤレス充電

iPhone8におけるワイヤレス充電は、基本的に一切のケーブルを必要としません。というのも、壁などに給電装置を設置しておくだけで、あとは同じ室内の一定範囲にiPhoneが存在するだけで電気を蓄えられるといった具合です。夢のようなシステムですが、技術自体は2015年の段階ですでに米カリフォルニアの企業より発表されており、あとはAppleが製品にどのタイミングで導入といった状況にありました。そのため、確かに現在噂の粋を超えないながらも、現実は可能な仕様であるといえます。ワイヤレスであれば、電源から離れた場所でも充電可能、操作しながらでもエネルギー切れの心配がなくなるといったメリットを期待できます。

ワイヤレス充電採用の可能性

高い確率で採用が予想されているとはいえ、やはり実際登場するまでは想像の粋を超えないのが実際のところです。期待に値するソースとしては、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

たとえば、同機能を開発した米カリフォルニアの企業CEOが「世界的に超有名な電気製品メーカーに独占的に出荷する」といった発言をしている点です。断定はされていませんが、Appleが該当する可能性は高いといえます。またApple自社でも、ワイヤレス充電の特許申請をすでにおこなっています。このように、iPhone8におけるワイヤレス充電採用は大きく期待できます。

iPhone8においては、ケーブルどころか充電台すら必要ないワイヤレス充電が搭載されるのではという期待が持たれています。接続端子が搭載されていないこと、またワイヤレス充電機能の開発企業と結びつきが窺える点も、そうした予想のソースになっています。実現されれば、これまで以上に、スマートな存在としての活用ができるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ