意外と丈夫?!耐水は継続?iPhone8の平均寿命予測

iPhone8は性能の部分では非常に優秀なものとなるといわれておりますが、それ以外の部分はまだまだ分からない部分が多いので、予想や推測が大量にあふれております。そういった部分で多くの方々が不安視しているのが平均寿命といったいつまで使えるのかというブブです。今回はiPhone8の平均寿命がどうなるのかを予測していきたいと思います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの平均寿命はどうだったのか?

iPhoneの平均寿命は試用期間に関して、実はアップル社からの回答はすでに出ているのです。公式サイトの「よくある質問」という部分に「iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年を想定しています」といった回答があるのです。つまり、これで決着ではないのかと多くの方々が指摘しています。一部の方たちはそれ以上使っているから問題ないしこれからも使い続けるといった意見も多く出ているので、大事に使っている人たちにはこの3年という壁は問題ないのでしょう。

実際に、このメーカーの答えも「3年を想定している」というだけであって、3年ですべてが壊れると答えていないのでその部分を強く意識する必要はないでしょう。

しかし、iPhone8の平均寿命も3年となる?

しかし、このアップル側の答えを裏付けするような行動をメーカー側は行っております。その最たるものが、iOSのアップデート対応の対象外になるかどうかです。今までのiPhoneはどんなに新しくても3~4年経った機種のiOSアップデート対応が途端に鈍くなります。

iOSのアップデート対応がないと端末機能が失われるわけではありませんが、サービス機能が利用できなくなるものが多く使い勝手は一気に悪くなります。また、アプリの更新もiOSの更新に合わせてどんどん行われていくのでアプリの使い勝手も悪くなるのです。

このうち最も怖いのはアプリが古くなることでしょう。古くなったアプリはセキュリティ面の脆弱性が露呈し始めるので、使う側からすると心配の要素は増えてきます。そのことを踏まえると、iPhone8もやはり3年くらいになるのではないでしょうか。

iPhone8はいろいろと技術が集約したiPhone10周年にふさわしい商品になってくれるでしょう。そのため、アップル側も愛情が深くなる可能性が高いのでこの3年という考え方も変わるかもしれません。なので、あくまでこの平均寿命は予想ととらえてもらうといいでしょう。iOSの大型アップデート対応も問題なくこなせるiPhoneになることを強く願います。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ