iPhone8のデュアルカメラを使ったAR(拡張現実)とVR(仮想現実)機能とは

iPhone8は、カメラ部にデュアルカメラを採用することが予測されています。そしてこれにより可能となるであろう機能が、ARやVRです。すでにゲームアプリや映像端末において各社採用しており、決して珍しい存在でもなくなってきていますが、今回ついにiPhone端末でも気軽に使用できるのではといわれています。詳細について、チェックしていきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

存在感を誇るデュアルカメラ

iPhone8予想を語る上で、デュアルカメラの存在は外せません。以前のiPhone7sにも搭載されていましたが、今回より3Dセンサーも加えられ、3Dカメラとも呼ばれています。またもう一点、大きなポイントであるのがデュアルカメラの向きです。これまで横に並んでいた形状が、縦向きとなっています。平面的かつミニマルなiPhone8においてさりげなく存在感を誇る部分となるため、特に注目すべき点といえるでしょう。

また、前面に搭載されているフロントカメラにも仕様変更が見られます。何と、背面部のみならずこちらもデュアルカメラになることが予想されているのです。加えて画面内部への内蔵型になるといわれており、雰囲気は刷新されること必至です。

AR機能とVR機能について

ARとVRは、別の名称でありながらかなり近い存在となっています。そのため、混同して把握している人も少なくないことでしょう。具体的には、前者がオーギュメンテッドリアリティで、後者はバーチャルリアリティの略となっています。日本語表記では、前者が拡張現実、後者は仮想現実といった具合に振り分けられます。いずれにおいても、映像のさらなる可能性を感じられる先端機能ですが、それぞれ異なる存在であることに他なりません。次項で、さらに細かく解説していきます。

それぞれの細かな違いを解説

まず、AR機能についてです。こちらは、周囲の現実的な状況に新たな情報を付加・強調して、また逆に削除・減衰させるなどして、現実世界を拡張させる機能となっています。例としては、iPhone8で写した世界に直接その場を解説する情報が現れて、画面上で複合されるといったような機能です。

VR機能は、より一層空想の情報が大きくなります。ARが現実を元にした拡張であるのに対し、こちらでは人工的に構築した世界と差し替える、もしくはそのように見せるといった機能となっています。独自の世界観が表現できることから、こちらはゲームアプリなどで特に展開が期待されています。

デュアルカメラは、数あるiPhone8に期待されている新機能の中でも、特に存在感を誇る部分です。背後、そしてフロントにも備え付けられ、高度な撮影や映像表現が可能になるのではといわれています。それこそ、近年話題のARやVRへの応用も期待されています。これからの時代に適した、まさに新時代のデバイスになることが予測されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ