iPhone8とARの関係

iPhone8はこれまでにない完成度の高い仕様が多数盛り込まれている事でも話題になっていますが、AR機能もその1つです。はたしてどのように変わるのかiPhone8とARとの関係について洞察してみました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

AR・拡張現実とは

ARはゲームソフトや動画の世界でお馴染みの最新テクノロジーを駆使した画像素材です。すでにデジタルビデオやスマホにも搭載されているものが多いですが、iPhone8にも搭載される見込みです。医療や広告あるいは教育現場そしてものつくり一般の分野にまで、活用範囲の拡大が期待されている技術の1つです。拡張現実といってもピンとこない人もいるでしょうから簡単に説明します。たとえば目の前に広がる街の風景にカメラのピントを合わせた時に、そこに自分が設置したいと思っているキャラクターやものを簡単な操作で加える事ができます。人によっては怪獣かもしれないしある人にはかわいいライオンの赤ちゃんかもしれません。あるいは大好きなアニメのキャラかも知れません。それらを瞬時に今見えている風景の中に瞬時に映し出す事ができるのです。仮想現実を越えた拡張現実の世界のリアル感を楽しむ事ができます。

iPhone8での応用の手始めはナビで

iPhone8でもこうしたARを使った写真画像の編集を楽しむ事ができるのはもちろんですが、さらに生活に役立つアイテムとしてナビに導入する方向性も考えられています。すなわち道を歩きながら各所に実際にはない標識や看板などを表示させて、あたかも観光ガイドマップのような機能を持たせる事も可能です。これにより平面図での地図よりも確かな道案内となりますから、地図読みが大の苦手という人でも安心して目的地にたどりつけそうです。実装されるのは画像だけではありません。目的地に関する詳細な説明文も表示されますから、重たいガイドブックを何冊も持ち歩く必要がなくなります。かつてSF小説の中で描かれていた世界が現実のものとなるのです。

iPhone8に実装されるための開発チームも必要

様々な分野での応用が期待されているARですが、背景には当然ながら開発者がいるのです。今後さらに市場拡大を狙うのであれば技術者の確保も重要です。流通を促すための開発者用アプリも開発されるでしょうし、iPhone8の出現はグラフィックデザイン業界の活性化にもつながるはずです。様々な意味で経済効果は計り知れないものがあります。さらに今後iPhone8を巡ってARメーカーの獲得戦が激化するのは必至です。各社でそのための投資も積極的に見当されていますから、資金力がものをいう経済業界の変貌ぶりがますます顕著になっていくでしょう。

かつてSF小説の中でしか体現できなかったSDCGの世界が、iPhone8にARが実装された事で誰でも気軽に3次元の世界を楽しめるようになりました。今後ますますデジタル化が進んで、より快適で便利な生活が実現する事になります。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ