iPhone8のTouch IDを埋め込んだ解決方法

ホームボタン部に備わっていたTouch IDですが、今回の新モデルiPhone8では廃止されることが濃厚という情報が流れています。理由は単純で、ホームボタン自体が廃止されるためです。ホームボタン機能が完全に失われると使い勝手に不備が出るため、実際は画面下部内部に埋め込まれますが、それでもTouch IDとしては精度が落ちてしまいます。そうなってくると困るのが、認証機能についてです。何か、解決方法は備わっているのでしょうか。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

Touch IDはどこへ?

冒頭の通り、ホームボタン埋め込みによりボタン上におけるTouch IDは使用できなくなるといわれています。ちなみにTouch IDとは指紋認証機能で、パスワード入力や本人確認の代わりとして役立つ存在でした。パスワードの覚えることや入力の手間が省けるため、活用している人も多かったようです。そんな中上がっているのが、ホームボタン廃止の噂です。ではいったい、Touch IDはどこへいくのでしょう。

リーク情報では、おそらく完全に廃止されるのではと予測されています。ですが安心してください。Touch IDに代わる、別の認証機能が加わるといわれているためです。Touch ID廃止の解決方法は、他の認証機能に移行することなのです。

ホームボタン廃止と同じくらい注目度の高い新機能

下部中心にひとつだけ置かれたホームボタンは、シンプルかつ機能性に優れた、iPhoneの象徴的部分でした。そんなボタンがなくなるわけですから、大きな変革であるとしてファンの間で話題となっています。ですがiPhone8の新機能は、それだけでもありません。もう一点目だった変化として、3Dカメラも期待を集めています。デュアルカメラに3Dセンサーを搭載することで、高度な認識機能が備わるといったものです。そしてこれは、Touch IDに代わる新たな認証機能に活かされると予想されています。

Touch IDに代わる2つの認証機能

3Dカメラを使った認証機能、それはずばり、顔認証と虹彩認証です。前者は文字通り、ユーザーの顔を識別することで認証に活かされる機能です。そして後者は、眼球の内部に存在する虹彩を使った認証、いわゆる目を移すことで実現される認証です。これらは生体認証とも呼ばれており、他分野ではすでに実用されている例もあります。ただでさえ未来的な印象のApple製品ですが、より一層先端的なツールとしてスタイリッシュに楽しめるかもしれません。

iPhone8より、ホームボタンが廃止されるといわれています。そのため、これまでボタン上でおこなえた指紋認証も同時に廃止されるようです。ですが、代わりに3Dセンサーが搭載されたデュアルカメラによる、顔認証、虹彩認証などがその役目を引き継ぐのではといわれています。ただでさえスマートなiPhoneが、よりスタイリッシュに楽しめる日が訪れるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ