iPhone8の発売によって懸念されるメモリー不足

iPhone8関連の考察情報を見回していると、メモリーに関する記述が目に付くことでしょう。iPhone8は従来のiPhoneシリーズと比べてさまざまな点で進化を遂げており、より容量の大きな記憶媒体が求められています。そんな中、すでに問題視されているのが、メモリーチップの不足です。実際どういった状況となっているのか、特集しました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone8において不足が懸念されているメモリーとは

iPhoneをはじめとした高機能デバイスにおいて、記憶媒体となるメモリーチップの存在は欠かせません。メモリーの空き容量不足で悩まされた経験のある人も、少なくないことでしょう。そうなるとメモリー容量は大きければ大きいほど良いのではといったところですが、そこでもなお問題がでてきます。メモリーチップ供給が間に合わず、市場全体に行き渡らないのではという懸念です。iPhone8はこれまで以上に選べるメモリー数値の下限が引き上げられるといわれているので、在庫がほとんどないのが現状です。各メモリーチップメーカーでは発売時期に間に合うよう、現在在庫確保に奔走しているそうです。

iPhone8のストレージ容量

続いて、iPhone8のストレージ容量の予想をご紹介していきます。従来機種においても、ハイエンドタイプとして128GB、256GBのものもすでに展開されています。ですがその場合であっても、ライト層向けの32GBタイプも合わせてリリースしていました。そんな中、iPhone8は下限メモリーでも64GB、ハイエンドタイプ256GBで発売されると予測されています。

このように、ストレージから見てもiPhone8は大容量における使用を前提に作られているような機種となっています。画質が格段に上がり、容量消費が大きくなることが一因でしょう。メモリーの重要性も、大いに感じられます。

メモリーとストレージの違い

iPhoneやその他スマートフォンを使用する中で、メモリーとストレージのふたつの違いに戸惑った経験がある人も多いかもしれません。いずれも「容量」と定義して問題ないのですが、保存場所が少々異なります。

まず、今回取り上げたメモリーは、データの一時保管庫といえます。一方ストレージが、永続的な保管庫にあたります。双方ともデータ保管のための記憶媒体ですが、保管の仕方に違いがあるので覚えておいてください。iPhone8はいずれも大きくなる、ならなければならないことが予測されているため、メモリーチップ供給の不足問題、または使用時のメモリー不足問題などが取りざたされているのです。

iPhone8は、ストレージが最低でも64GBになるといわれています。つまり、大容量データにおける使用が前提となっているような機種なのです。それだけにメモリーも大きくなるといわれており、メモリーチップ各社は供給不足に備えて発売前の現在よりすでに奔走しているといわれています。また、ユーザーが使用する際のメモリー不足も懸念しておくべきといえるでしょう。いずれにおいても、iPhone8とメモリーの関係性から目が離せません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ