期待される10周年記念iPhoneは、通常通りiPhone7sとPlusのみ?

2017年はiPhone発売から10周年をむかえる記念の年です。おかげで今年発売を予定されているプレミアムモデルについては、さまざまなうわさが加熱してきました。そのなかでも一番注目を集めていたのが、iPhoneモデルの種類についてでした。どうしても10周年というプレミアムなイメージに固執したいユーザーの心理としては、やはりこれまでのようなナンバリング方式でのありきたりなものではなく、よほどの特別感をどうしても期待してしまいますよね。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  期待される10周年記念iPhoneは、通常通りiPhone7sとPlusのみ?

今までのうわさが覆った、iPhone7sのゆくえ

そんなわけで、次期iPhoneは通常のように、iPhone7s、iPhone7s Plusの2種類ではなく、そこにiPhone8というのを加えた3種類のモデルの発売するのではないか、という話題が最近は主流になっていました。あるいは、そもそもそのナンバリング方式自体をやめて、まったく新しいモデルが現れるかもしれないという、まゆつばではあるものの、ちょっとワクワクするような驚きの情報さえ聞かれてきたところでもありました。しかしそれはまさしく、2017年がiPhoneにとっては重要な年になるという位置づけが、内外ともの周知の事実だったからにほかなりません。

ところが、ここに来てもっと驚きのうわさが流れてきたのです。それは、まったくプレミアム感なしの、iPhone7sとiPhone7s Plusの2種類のモデルのみの発売だというではありませんか。しかもその機能についても特に大きな変化はないとのこと! いったいどういうわけで、いまさらそんなガッカリするようなうわさがたってしまうような状態となってしまったのでしょうか。iPhone7sへ燃え上がるような期待を、ユーザーたちはどう処理すればいいというのか。

iPhone7sはプレミアム感なしの地味仕様?

iPhone7sのボディデザインについては、ガラス素材を採用されるとのうわさが、いまや疑いもない定着したものになっていましたよね。それにワイヤレス充電になるかもしれないという定番の情報もありました。確かに、これらの機能は採用する際の問題点についても、同時に憶測がなされていたのは確かです。だけどiPhone7sはこれらの採用すら見送られてしまうのではないかとのことなんです。
つまり、10周年の記念すべき重大な年でありながら、iPhone7sにはまったくのプレミアム感はないということになってしまったわけです。

これらの情報はApple関連の日本語版情報サイトである、Macお宝鑑定団Blogで、台湾のサプライヤーから流れてきたもののようです。これらをまとめると、10周年は今までと何も変わりません。ガラス素材のボディなし、ワイヤレス充電なし、目立ったデザインの変更もない、iPhone7sはひたすら地味なアップデートのみになるようなのです。

しかし、今まででの流れを振り返ってみると、sシリーズというのは何かしら、特別な機能が追加されてきましたよね。iPhone5sはTouch ID(指紋認証)、iPhone6sには3D Touch。そう考えると今回のiPhone7sにも、何か新しい機能がサプライズされるかもしれません。まだわずかな希望を諦めてはいけませんよね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ