iPhone7sに搭載される?アンドゥ機能

最近のiPhoneはキーボード入力をサポートするような機能も充実しています。あまり聞き覚えのないようなアンドゥ機能もその一つです。これは、自分の入力した文字を取り消したりすることができる機能であり、メールを作成したり文書を作成したりする際にも使えますので押さえておくとよいでしょう。今後発売が予定されているiPhone7sでも使用可能な機能です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sでも活躍する機能、アンドゥ機能について

iPhoneは指先1つで文字入力ができることが特徴である反面、指が滑ったりして入力を間違ってしまうことも少なくありません。もちろん、ディレートキーで削除することもできるのですが、いちいち削除する文字数に合わせてタップしなければなりませんので、少し不便です。今入力したことを取り消したいという場合は、iPhoneに搭載されているアンドゥ機能を使うとよいでしょう。iPhoneをシェイクして取り消すだけで、今入力した入力自体をなかったことにできます。片手でも操作できますし、気軽に使えます。

iPhone7sにおけるアンドゥ機能の使い方とは

アンドゥ機能の使い方は極めて簡単です。iPhoneで入力している際に、入力が間違ったと思ったらそのiPhone端末を横向きに回転させるように2,3回振ります。これをシェイクと言います。シェイクをすると「取り消す―入力」「キャンセル」というダイアログが表示されます。ここで「取り消すー入力」を選ぶと直前の入力を取り消すことができます。シェイクと言っても特段の動作は必要なく、本体の中心を軸にして回すように軽めに振るだけです。ちなみにアンドゥ機能と対照的にリドゥ機能というものもあり、アンドゥ操作を取り消し、もう一度入力することも可能です。リドゥ操作により、アンドゥ操作で消してしまった文字が復活します。

アンドゥ機能はオンにしておいたほうが良いの?

アンドゥ機能はオンにしておいたほうが便利です。iPhoneで文字入力を頻繁に行う人にとって、間違いの削除は面倒な動作だからです。場合によっては、端末をシェイクする際になかなか感度が良くない場合もあるようです。そのような場合、iPhone7sにも搭載されるであろうアクセシビリティをタップし、アクセシビリティを有効にしておけば、iPhoneを振らなくてもアクセシビリティタッチからこの取り消しの動作を行えるようになります。よってデメリットも克服できる便利な機能であると考えられます。

iPhoneでメールや文字入力をする際には、アンドゥ機能はオンにしておいたほうが良いと考えられます。アンドゥ機能とは、iPhoneの端末をシェイクしてボタンとタップするだけで直前の文字入力を容易にキャンセルすることができる機能です。アンドゥ機能には、削除した文字列を復活させるリドゥ機能もあり双方を使うことによって片手での文字入力も難なくできるようになるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ