iPhone7sにはサイレント機能が搭載されている?

iPhone7sのサイレント機能は外出先や、音が出たら困る会議中など非常に便利な機能です。サイレント機能とマナーモードについて違いがわからない方もいるでしょう。iPhone7sのサイレント機能について詳しくお話します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

サイレントとマナーの違い

iPhone7sのマナーモードに関しては振動で着信などを教えてくれる機能になっています。ボリュームそのものを最小限に抑えることはできますが、どうしてもバイブレーション機能が起動してしまいますので、着信があった際などは静粛な場面でバイブレーションの音が聞こえてしまうこともあるでしょう。

一方サイレント機能はバイブレーションすら起動しませんので、全く気が付かない状態となるのです。どんなに静かな場面でも、バイブレーションの音当然ですが着信音なども鳴りませんので、電源を切らなくても音だけを消しておきたいという場面で助かるのです。

サイレントモードにするには?

iPhone7sでサイレントモードにするためには、端末左横についているスイッチを操作する必要があります。
通常モードの場合にはサイレントモードのスイッチがOFF になっていますが、サイレントモードのスイッチをオフにするとオレンジ色のラインが見えた状態になります。

また画面にはボリュームを知らせるためのベルマークが出現し、このベルマークが斜めの斜線で消されているようなアイコンが出てきます。反対にサイレントスイッチをオフにすると、一般的なベルのマークが出現しサイレント状態が解除されたことを知らせてくれます。
マナーモードにしている場合にはボリュームボタンを操作するのみで自由にボリュームの変更をすることができますが、サイレント機能を使っているとボリュームボタンを操作してもボリュームに変化はありません。

ただし、これはゲームアプリなどを起動させている時のみ、そして着信があった時のみの対応です。
動画の視聴をする際などにはサイレント機能にしていてもあらかじめ設定してあるボリュームで音声が聞こえてくることになります。これを防ぐためには、サイレント機能にすると同時に端末側のボリュームも全てオフにしておくと良いでしょう。
通常モードで着信音が鳴ってしまい、すぐに着信音を消したい場合にもサイレント機能のスイッチをオンにすると良いです。会議中や電車の中など一瞬で着信音を消去するためにはサイレントボタンが役立ちます。

おやすみモードを活用するのも手

iPhone7sのサイレント機能を活用するのも非常に便利ですが、時間を指定してサイレント機能を起動させておきたい場合には、あらかじめおやすみモードの設定をしておくと良いです。
iPhone7sの画面を下から上にスライドすると操作パネルが出現します。ここに三日月のようなマークがありますので、これをタッチしましょう。

おやすみモードの設定をする時間を決めたら完了です。設定した時間には自動的にサイレントモードになりますので、翌日は会議があるなどといった場面で前日にお休みモードの設定をしておくと便利。
サイレントスイッチを入れ忘れてしまった場合にも、おやすみモードが起動しサイレントモードに入りますので、着信音が鳴ってしまうことはありません。

iPhone7sのサイレント機能は急な場面で非常に役立ちます。特に大切な会議中や商談中などに着信音が鳴ってしまった時には、すぐさまサイレントスイッチをオンにし、着信音をその場で消去してしまうと良いでしょう。ボリュームボタンで操作するよりもはるかに早く、着信音を一瞬で聞こえない状態にすることができます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ