iPhone7sにはmicro LEDが搭載?

micro LEDは、ディスプレイなどに使用されている表示素子のことであり、現在その技術の小型化がすすんでいますので、そのような技術を応用することでスマートフォンの高品質化が予想されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

micro LEDとはそもそもどういったもの?特徴は?

LEDとは現在の市場規模の拡大に伴い、ディスプレーなどに使用されてきました。コンピューターなどある程度大きな画面には掲載されていましたが、最近ではより小型化をしようと研究が進んできています。

そのため、パソコンのディスプレイだけでなく、スマートフォンのディスプレイにも搭載されるのではないかと噂されています。このmicroLEDは既存のディスプレー表示素子と同じような明るさを保ったまま、バッテリーの持続時間を延長させることができます。

これらのmicroLEDは更なる小型化と高解像度かを実現していますが、簡単に作ることができるものではありません。ですので、今後iPhoneでどの程度のことができるのか、製造体制を含めて確立することが必要とされています。        

iPhoneにmicroLEDは搭載されるのはいつ?

確かに、バッテリーが大容量化されたら今よりも便利になりますので、microLEDは一刻もはやく搭載されることが期待されています。micro LEDを搭載するとメモリが大きくなります。しかしながらmicroLEDを大量生産する技術が確立されるのは2017年下半期になるかもしれないとよそくされています。

そのため、iPhone7sにmicro LEDを搭載するわけではないという見方もあります。micro LEDを搭載するのはiPone8になるのではないかと言われていますが、そうではなく、iPhone7sに搭載されるのではないかという意見もあり、まだ確定ではありません。

iPhone7sにおけるmicro LEDなどの魅力

やはり、iPhoneシリーズもiPone7くらいからは技術に格段の進化がみられています。そのため、よりバッテリーの消費量を少なくして稼働時間を増やしながらも画面の質を落とさないmicro LEDについても期待される技術の一つです。

特に、画面の質を明るくしようとすると、バッテリーの消費量がどうしても増えてしまうため、安易に充電できないような環境においては、バッテリーのもちというのは大変になります。micro LEDはそういったときにも重宝しますし、micro LEDの技術をもっと応用すれば、より美しい発色を実現することもできます。iPhone7sもしくはiPhone8での搭載が記載されます。

micro LEDがiPhone7sに搭載されるかは、その量産体制にかかっています。量産体制が間に合わないのでiPhone8になるのではないかという意見もあります。いずれにせよ、micro LEDが搭載されると性能が上がりますので、期待されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ