使い方色々なiPhone7sの3Dタッチ機能

iPhone6sくらいから搭載されている3DTouch機能は、とても便利な機能ということで着目されています。画面を押す強さによっていろいろな操作をすることができるというタッチ習慣のための機能です。画面を強く押したり、サラリと押したりすることで画像を閲覧したり、キーボードをなぞったりいろいろなことができると着目され、今後の新機種であるiPhone7sにも搭載されるのでは、と思われています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

いろいろな活用ができる3Dtouch機能の使い方

iPhoneにある3Dtouch機能は、画面を押す強さ、力加減によって反応する機能です。基本的な操作としては動作は二段階あり、指をぐっと押し込んでいくと小窓として表示される「Peak」という状態と、さらに押し込むことでその画面が全画面表示となる「pop」という二段階です。それぞれにクリック感が得られるので、どの段階かわかるでしょう。指を外すと、Peak状態が解除されます。指の力加減一つですので、比較的簡単に操作することができ、そして、指先1つで画面の切り替えができて便利です。×ボタンなどを押さなくても、指を離せば画面が消えるという手軽さが人気の理由の一つです。

iPhone7sの3Dtouch機能はどのように使う?

3Dtouch機能を使用するシチュエーションは様々ですが、写真を見るときに使えます。普通の写真でもお酢だけでPeak表示してくれますので、大きく見ることもできたり便利です。カメラについても同様で、指で押してPeak上大して左右にスワイプすると、撮影直後の写真、少し前に撮影した写真をすぐに確認できます。そして、撮り直しをする際は指を離すだけで元の撮影画面に戻って便利です。メモ機能においては、筆圧で色の濃さを加減することができるなど、本来の手書き機能により近づいていることがわかります。文字入力においても、指で押すだけで選択や選択解除ができるのでコピーアンドペーストの時にm便利です。

アプリでも使える、iPhoneの3Dtouch機能について

LINEやFacebook、インスタグラムといったアプリについてもこの3Dtouch機能を使うと便利です。ラインにおいては内容を見たいトークを押してPeak状退位するだけで、既読をつけずに内容を表示することができます。更新の頻繁なFacebookアプリにおいても、気になった写真や投稿をスワイプですぐに確認できます。同様にインスタグラムの確認についても便利です。iTunesStoreやアマゾンのアプリにおいても欲しいものをすぐに見つけられます。

iPhoneの3Dtouch機能は、指で画面を押す強さによって2段階に分かれており、そしてアプリケーションを開いたりなどといった作業ができるところです。いろいろなアプリで使えますし、写真を撮るときなどにも活躍します。今後発売が予定されているiPhone7sにも同じようにその機能が搭載されると考えられています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ