iPhone7sを買うために現機種を下取りに出そう

iPhone7sは、機能性が向上していますので、その価格も結構高いのではないかと言われています。そのようなiPhone7sはそれでも持つ価値がありますので、購入を考えている人はぜひ現機種を下取りに出して少しでも購入の助けにしましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの機種の下取りがおすすめ

iPhoneは少しくらいバージョンが古くても、日本はもちろん世界で支持されている端末です。そのため、今後発売が予定されているiPhone7sなど最新機種を購入する際に自分が今持っている端末を業者に下取りしてもらうことで購入費用の足しにすることができます。

たとえば、iPhone7が出たときのiPhone6の下取り価格は3万円前後と、かなり高い水準で推移しています。少し古い機種であっても数千円程度買取価格がありますので、何もしないよりは金銭的な助けになります。

iPhoneの下取りはどのようにするの?

iPhoneの下取りで一番楽なのは、ソフトバンクショップなどキャリアで下取りしてもらうことです。これは、機種変更または番号乗り換えの際に古い機種を下取りしてもらえます。特別な手続きも必要ありませんし、ショップで機種交換の際にできるので便利です。毎月の新機種料金から下取りした機種の料金をさ差し引いてくれるサービスもあります。

ほかにも、民間のiPhone買取業者で下取りしてもらう、という方法があります。大きくは店頭で下取りしてもらう方法と、ネットで買取してもらう方法の二つがあります。特に業者であるとその場で下取りしてもらって現金ももらえるので安心です。しかしながらその場合、データは自分で初期化するのが安心でしょう。

iPhoneを高く下取りしてもらうための準備

機種交換の時にキャリアに下取りを同時にしてもらう、という方法が楽で一般的ですが、機種交換のと気にしそびれたり、機種交換をしてからもしばらくはデータ保存用などに使う場合もあります。そして、使わなくなった場合に初めて買い取りをしてもらうなど、一口に下取りと言ってもさまざまなシチュエーションがあります。

しかしながらどの場合も、しっかりと準備するようにしましょう。まず、下取りしてもらいたいiPhoneをリセットするのは基本です。次に、ネットワーク利用制限に引っかからないものであるかを、ネットワーク利用制限ページで調べましょう。設定画面から一般、そして情報画面で得られる製造番号を各キャリアのホームページに打ち込むことで調べられます。これは、紛失したり盗難にあったスマホが買取市場に出回ることを防ぐための措置です。

そして、画面ロックやiCloudのスマホを探すというところをオフにしましょう。そして液晶などはきれいにし、少しでも良い状態で買い取ってもらいましょう。

iPhoneを下取りに出すには、各キャリアのショップや大手買取業者に査定してもらうなどといった方法があります。iPhoneを初期化したり、製造番号を確認できるようにロックを解除するなどといった措置が必要です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ