有力アナリストが予測するiPhone7sの曲面ディスプレイ採用の可能性

2017年はiPhoneにとって発売から10周年を記念する、特別な年となります。iPhoneファンにとっては、待ちに待った瞬間なのではないでしょうか。またiPhoneファンのみならず、注目の年であることには間違いありません。
そんなわけで、これまでにもさまざまなうわさのある、次期iPhoneとして予定されているiPhone7sのデザインについて、また大幅な変更があるようなのです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  有力アナリストが予測するiPhone7sの曲面ディスプレイ採用の可能性

曲面ディスプレイのiPhone7sって、どんなデザイン?

リサーチ会社のHIS Technologyでマーケットリサーチ・ディレクターであるKevin Wang氏が中国のSNS、WeiboでiPhone7sのデザインについての予測を発表したとの情報が流れてきました。
この有力アナリストの予測とは、次期プレミアムモデルとうわさのiPhone7sは、両側面をカーブさせた曲面ディスプレイを採用するのではないかとのこと。この曲面ディスプレイはすでにサムスンのGalaxy S7 edgeですでに採用されているものです。このGalaxy S7 edge では、曲面部分をサブディスプレイとして使用しています。iPhone7sがこのGalaxy S7 edgeとの差別化を図るために、うわさの3D Touchと組み合わせることができるのか、注目が集まっているとのことです。

ディスプレイには、そのほかにもたくさんの魅力があるようです

iPhone7sのデザインについてはまだまだたくさんのうわさが流れています。
OLEDディスプレイ(有機ELディスプレイ)の採用という話しもそのひとつです。OLEDディスプレイは自ら光る性質をもった有機物質であるため、バックライトが不要になります。そのことで、超薄型のディスプレイの実現が可能となるのです。そしてバックライト設置に必要だったスペースの確保も必要がなくなるうえに、またとても柔らかい素材であるため、設置の場所を選ばなくなります。液晶ディスプレイと比べて、画面もひときわ美しくなるようですし、消費電力も抑えられるとこのと。
そしてまたiPhone7sには、フレキシブルディスプレイの採用の可能性もあるようです。フレキシブルディスプレイとは、従来のディスプレイに使われていたインジウムスズ酸化物ガラスに代わるもので、銀の微細な繊維であるシルバー・ナノワイヤという素材を用いたものです。これはとても柔軟性のあるディスプレイになるため、破損しにくいという特質があります。また、操作反応が良くなるだけではなく、日中の明るい場所からでも見やすいといった利点もあります。
ほんとうにiPhone7sで採用されるのかどうかについては、今の段階ではやはりなんとも言えないところではありますが、これらの技術は、今だけでなく今後のデザインの可能性についても選択の幅は広がってきますよね。想像しえないようなデザインもいずれ期待できるかもしれません。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ