iPhone7sの有機ElディスプレイはSamsungとLGで契約?

Apple社の記念すべき10周年モデルとなるiPhone7sは、10という数字に相応しい、革新的なモデルになると言われています。では具体的にどこが変わるのでしょうか。現時点での噂をまとめると、ワイヤレス充電、曲面ディスプレイ、ホームボタンの廃止、Touch センサーの背面化などがあります。どれもこれも非常に心躍る新機能ばかりですが、そんな中で最も注目を集めているのが、液晶ディスプレイを廃止し、有機ELディスプレイを採用するのではないかという噂です。

 

ちなみにApple社が発売している各プロダクトの中で、現在有機ELディスプレイを採用しているのはApple Watchのみです。しかし、2017年から2018年にかけてiPhoneにも採用するのではないかと、かねてより噂があったことは事実です。しかしそんな噂がもしかしたらiPhone7sから、液晶ディスプレイから有機ELディスプレイに、一年前倒しで実現するかもしれないのです!

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

有機ELディスプレイをSamsungディスプレイとLGディスプレイが供給?

お伝えしたように、以前から有機ELディスプレイを採用するのではないかという噂はありました。では何故今になってこのような噂が蒸し返されたかというと、韓国のニュースメディアである「Electronic Times」が、SamsungディスプレイとLGディスプレイの2社との間で、有機ELディスプレイの供給について、契約間近になっていると伝えていたからです。

SamsungディスプレイとLGディスプレイの2社は量産体制を整えるために1.5兆円投資?!

元々Apple社が発売する次世代iPhone、iPhone7sのディスプレイについて、今回伝えたSamsungディスプレイやLGディスプレイ以外にも、多くの企業が参入してくるのではないかと噂されていました。ところが先程の韓国のニュースメディア「Electronic Times」では、SamsungディスプレイとLGディスプレイの2社は、次世代iPhoneとして期待されているiPhone7sの有機ELディスプレイの量産のために、2年から3年間の間に、合計1.5兆円の程度の設備投資を断行する方針であると伝えているのです。

このことから何が読み取れるのでしょうか。それは、Apple社との契約が現実味を帯びていることを示しているといっても過言ではないでしょう。

iPhone7sのディスプレイの生産数の比率は?

さて売れ行き好調が期待される、今年発売予定のiPhone7sのディスプレイは、Samsungディスプレイ、LGディスプレイの2社が、それぞれどの程度生産するのでしょうか。「Electronic Times」によると、LGディスプレイが月間で45000枚〜60000枚と言われています。それに対してSamsungディスプレイはLGディスプレイの30%程度多くなるのではないかと言われています。

先程の「量産体制に1.5兆円を投資」や「月間の生産数の比率」など、具体的な数字がリークされればされるほど、いよいよ有機ELディスプレイを搭載したiPhone7sの発売が現実味を帯びてきます。あとはApple社の公式の発表を待つだけでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ