iPhone7とiPhone7sでは内部構造に大きな違いが?!

2017年はiPhoneにとって、発売から10周年を記念するプレミアムな年です。そして次期iPhoneとして発売が予定されているiPhone7sについて、また新たな情報のリークがあったようです。情報元は中国最大のSNSのWeibo。Weiboによると、Appie社関連から流出した関係書類には、これまでに流れていた情報に加え、内部構造に関する画像もリークされているようなのです。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone7とiPhone7sでは内部構造に大きな違いが?!

iPhone7sのこれまでに流れていた、さまざまなうわさとは?

Weiboが入手したとされる、iPhone7sに関する情報というのを大まかに振り返ってみましょう。まずボディの素材に、強化ガラスを採用するのではないかといううわさです。以前iPhone4のボディに採用されていたガラスは壊れやすく、ユーザーからは少なからず不満の声があったのは確かでした。今回はそれを、サファイヤガラスを採用することで、克服したのではないかといわれていました。サファイヤガラスはディスプレイのみならず、背面ボディにも採用されるとのことで、フレームはステンレス製になるようです。

また、ボデイサイズは変更せずに、フチなしのベゼルフリーのディスプレイを採用することで、5.8インチのディスプレイを実現。ディスプレイはついにあのOLEDディスプレイが搭載されるとのことです。

そして、フルディスプレイの実現とともにiPhoneの象徴である、物理的ホームボタンの廃止。iPhone7sのホームボタンはディスプレイ内に埋め込まれるとのこと。ディスプレイ下部にファンクションエリアが搭載されそれがホームボタンとなるようです。ファンクションエリアとは、アプリなどによって表示される仮想ボタンのようなものが配置され、それをタッチすることで、簡単にアクセスできるというものではないかといわれています。iPhone7s搭載予定の新機能としては、ワイヤレス充電の採用についてのうわさもありましたね。これらが果たして実現するか否かは、まだまだ予測の域を越えることはできません。

iPhone7s内部のロジックボードは2枚?

iPhone7sの内部構造は、これまでのiPhone7とは違い、ロジックボードが2枚になっているとのこと。ロジックボードというのは、主要チップセットやCPU、メモリなど主要な処理動作には欠かせない部品が積載されているメインの基板のことをいいます。ロジックボードが破損すると、電源が入らなくなったり、画面に何も写らなくなってしまったり、表示がおかしくなったりします。

このロジックボードをiPhone7sで2枚搭載される理由は、CPUの処理動作を改善させることと、スペースの有効活用をするためだと伝えられているようです。狭い本体の内部に、スペースができれば今後の製品開発やサービス拡大における有効活用の可能性は広がりますよね。ただしこれは、正式決定された情報ではありませんので、iPhone7sに採用されるかどうかについては、今後の動向を見守る必要があるでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ