利便性の良いiPhone7sの手帳型ケース

好みに合うハードケース、ソフトケースが見つからないという人には手帳型ケースがおすすめです。本体をカバーで覆うタイプのため、背面だけでなく液晶画面も保護することができ、革が使用された製品を選べば大人っぽいなめらかな手ざわりを楽しむことも可能です。ビジネスシーンだけでなく幅広いシチュエーションにアクセサリーとしても調和する手帳型ケースのメリットとデメリットについてまとめました。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

大人のクールさを演出できるiPhone7sの手帳型ケース

ブックタイプともよばれる手帳型ケースは液晶画面を覆うカバーがついているのが特徴です。カバーを開ける様子がまるで手帳をめくっているように見えることからこの名前でよばれるようになりました。ソフトケースやハードケースなどと違い液晶画面を完全に保護することができるため、落下による画面割れはもちろんのこと、食事中にうっかり汚れがついてしまうこともふせぐことができます。素材もいろいろなバリエーションが用意されており、リーズナブルな合皮素材から高級感あふれる本革使用のタイプまで、ライフスタイルに合わせて自在に選択することが可能です。まずは「どんなシチュエーションでiPhone7sを使いたいのか」をよく考え、できるだけ幅広いシーンに合わせられるケースを選びましょう。

アクセサリーにもなる!iPhone7sの手帳型ケースはこんな人におすすめ!

手帳型ケースのいちばんのメリットは、端末本体をほぼ完全にカバーできることです。ハードケースやソフトケースでは本体背面しかカバーできず、画面割れなどをふせぎにくいという欠点がありました。その点、本体を前後から保護する手帳型ケースであれば液晶画面もしっかり守ることができ、画面割れや画面汚れのリスクを最小限にとどめることができます。また、カバーを閉じた状態では画面を見られる心配もないため、プライバシーを大切にしたい方にもおすすめです。

ユーザーに聞く手帳型ケースのメリットとデメリット

手帳型ケースのメリットとデメリットをいちばん理解しているのはやはり、実際に使っているユーザーです。画面保護においてすぐれている手帳型ケースですが使いにくい部分も少なからずあり、今後の改良点として考慮されそうです。手帳型ケースはその都度カバーを閉じるタイプのため、使う時にもいちいちカバーを開ける必要があり、その分若干の手間がかかるというのが大きなデメリットのようです。また、テーブルに置いて使用する際はカバーの分だけ場所をとられるネックがあります。ただしファッション性は充分で、落ち着いたブラウンやブラックのケースであればビジネスでもプライベートでも違和感なくアクセサリーとして調和させることができます。

「画面を守れない」というソフトケースやハードケースの弱点を克服するアクセサリーとして、手帳型ケースは開発されました。液晶画面まで完全に覆うため衝撃吸収性にすぐれ、万一コンクリートに落としたとしても画面が割れることはありません。カバーを閉じておけば画面を見られる心配もないため、プライバシーを守りたい人にも愛用者は多いようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ