iPhone7sの保証期間は?

どんなに厳密につくられた製品であっても故障はつきもの。iPhone7sも例外ではありません。とくに今回のモデルはこれまで以上に機能が充実しているため、購入から早い段階で何らかの不具合が発生することも充分に考えられます。万一の場合でもあわてないために、普段から端末の保証期間についてきちんと把握しておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhoneの保証期間の目安は?

過去のiPhoneシリーズでは、端末の種類やスペックにかぎらず新品の場合は1年間の保証期間がついています。さらに、有料のAppleCareに加入すれば保証期間が2年間になり、端末だけでなく純正アプリケーションのトラブルにまで対応してもらえるなど、より手厚いサポートが受けられるようになります。iPhone初心者が注意すべきなのは、保証期間の見落としです。ショップに行く時間がないからとちいさな不具合を放置しておいて気がついたら保証期間が切れていた……なんてこともめずらしくありません。保証期間であれば無料でメンテナンスを依頼できたのに、これはもったいないことです。端末の保証期間については購入時に機能とともに必ず説明されますので、忘れないように紙にメモをしておくなど、自分なりの対策を考えておきましょう。

保証期間内に持ち込まれる不具合のパターン

保証期間内に不良品としてショップなどに持ち込まれる不具合で最も多いのは、本体のノイズです。iPhone端末においてノイズが発生する正確な原因については、現時点でも特定されていません。ただ、ノイズの報告例を収集するなかで、どうやらハードウェア側の機構に何らかの問題があり、とくに高機能のアプリを同時にいくつも稼働させている状態でノイズが多く見られることから、端末そのものの過負荷によって引き起こされている可能性が高いと見られています。せっかくの高機能を万全のコンディションで堪能するためにも、今のうちにノイズ問題を解決してほしいところです。ただ、ノイズの正確な原因が未だに突き止められていないことを考えると、最新のiPhone7sでいきなりノイズ問題がクリアになることは考えにくい状況にあります。ただ、仮にiPhone7sでノイズが確認されても専門のストアに持ち込めば基本的に無償で新品に交換してもらえます。ただし、iPhoneシリーズは人気機種のため、時期によってはストアに在庫がなく交換までに多少の時間がかかる場合があることを御了承ください。

iPhoneの不具合、どこまでなら許せる?

iPhone端末でノイズが生じたとしても、画面操作や機能そのものに大きな支障はありません。このことから、iPhoneユーザーは仮にノイズを確認してもそれだけでは修理に持ち込まず、他の機能に著しい不具合が見つかるまで放置するのだそうです。同じ理由で画面割れも放置されるケースが多く、端末そのものが故障しないかぎり新品には交換しない人もいるほどです。一方で新品同様の使用感にこだわるiPhone上級者はたった一度のノイズで修理に持ち込み、場合によっては新品に交換することもめずらしくありません。

ゲームや音楽アプリで楽しんでいる最中に不釣り合いなノイズが何度も聞こえたら不愉快ですし、高機能なiPhoneを存分に楽しめませんよね。ノイズにせよ画面割れにせよ、ひとつの不具合を放置すると端末によけいな負荷がかかってしまいますし、保証期間内であれば無償で新品に交換してもらうことも可能です。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ