音声サポートで操作が楽々! Voice Over機能

iPhoneのアクセシビリティのなかには、Voice Overという機能があります。この機能は、画面に表示された項目を音声で説明してくれるものです。このページでは、機能の魅力や設定方法をご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7予測情報 > 音声サポートで操作が楽々! Voice Over機能

シンプルな操作方法

Voice Overは、誰から電話がかかってきたのか、選択している画面の項目が何を指しているのかなど、iPhoneの画面で起きている動作を全て読み上げてくれる音声機能のことです。

画面をタップ、または指でドラッグやフリックすることで、画面に表示されている項目を音声で説明してくれます。たとえば、バッテリーの残量や着信履歴の確認、指先で触れているアプリが何なのかなど、画面を見ることなく確認できます。シンプルな操作のため、視覚に障がいのある方でもスムーズにiPhoneを利用できるのが魅力です。

Voice Overには、プライバシーを守るための画面カーテンという機能があります。画面カーテンを有効にすると画面表示がOFFになるため、操作中に画面を見られるという心配はありません。

Voice Overの設定は、”設定”→”一般”→”アクセシビリティ”→”Voice Over”から行います。この設定により、常に機能を有効にすることができます。なお、一度有効にすると通常の操作方法とは異なる操作になるため、利用する際には事前に解除方法を確認しておくことをおすすめします。

誰でもiPhoneを楽しめる工夫

いかがでしたか? Voice Overによって、視覚に障がいのある方でもiPhoneを便利に使用できるようになっています。上記の音声機能はiPhone7にも搭載されていることが予想されます。もしかしたら、iPhone7ではより性能が良くなっているかもしれません。期待されているiPhone7だけに、新情報から目が離せませんね。

公園の女の人

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ