トラブル時に「ホッ」 iPhoneのデータをPCにバックアップ

スマホが故障してしまう可能性はゼロではありません。そのため定期的にバックアップを取ることが大切です。このページでは、データをPCに複製する方法をご紹介します。iPhone7のご購入をお考えの方も、今後のためにぜひチェックしてみてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

もしもに備えてデータをバックアップ

データをバックアップする前に、お使いのPCがどのメーカーなのかをご確認ください。その理由は、MacとWindowsで手順が多少異なるためです。とはいえ、大きく異なるのはiPhoneをPCに繋ぐ前の設定確認の手順のみ。その違いさえ把握できれば、あとは同じ手順でバックアップを取ることができます。

では、まずMacにおける設定確認の手順をご説明します。
はじめに、PCでiTunesを起動し「環境設定」を選択。そして表示された画面の「デバイス」をクリックし、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」をチェックしOKを選択したら完了です。

つぎに、Windowsにおける設定確認の手順をご説明します。
Mac同様、PCでiTunesを起動します。すると、画面左上にモノクロ模様の四角が表示されるので、それを選択し「設定」、「デバイス」の順にクリック。そして「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ、OKを選択したら完了です。

あとはMac・Windows問わず、以下の手順を踏めばデータを複製できます。
まず付属のUSBケーブルでiPhoneを接続し、PCの画面上に表示されているスマホのマークをクリック。「概要」から「今すぐバックアップ」を選択すると、バックアップがスタートします。その後、無事に画面上のほうにAppleのマークが表示されたらバックアップ完了となります。以上の手順で、誰でも簡単にバックアップを取ることが可能です。万が一に備えて、大切なデータはPCに複製しておきましょう。

iPhone7を購入したあとも

いかがでしたか? 大切なデータをiPhoneのみに保存しておくと、万が一故障などを起こした場合、取り戻すことが難しくなってしまいます。そのため、事前にお使いのPCに複製しておくことをおすすめします。
これから発売されるiPhone7を購入したあとも定期的にデータを複製し、後悔のないようにしましょう。

果物とスマホ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ