気になるiphone7のシェア率は?

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

日本のiphoneシェア率は高い?低い?

犬も歩けばiphoneに当たる・・・と言えば言い過ぎかもしれませんが、ここ数年というもの巷では非常によくiphoneユーザーを見かけるように感じます。その感覚は正しく、市場調査によれば2016年4月時点でiphoneのスマートフォン市場シェア率は61.39%と、驚異的な数字を誇っています。

これは言い換えればAndroidのスマートフォン全体で30%台後半ということですから、日本におけるiphoneのシェア率は極めて高いと言えますね。一方世界では、今年の第一上半期のiphone市場シェアは15.3%となっており、日本におけるiphoneのシェアは突出していることがわかります。

iphone7の発売でシェア率はどうなる?

ここまで紹介してきたiphoneのシェア率ですが、iphone7の発売によってその数値は変化すると考えられます。過去の事例を見ていきましょう。iphone5の発売後に74%となっていた日本のスマートフォン市場におけるiphoneのシェア率は、5sの発売直前には47%まで落ち込みます。しかし、5sが発売されるとシェア率は14%上昇し61%まで跳ね上がりました。

6と6sの発売に際しても同様に市場シェアの拡大が見受けられます。このように、iphoneは新作が発売されるとシェア率が大きく上昇する傾向にあります。おそらく今回の7の発売時にもシェア率は上昇するでしょう。

赤ちゃんの手とiphone

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ