iphone7シリーズのキャリア比較

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iphone7シリーズのキャリア比較

iphone7シリーズのストレージ容量はiphoneシリーズ史上初となる256GBが登場するとの噂があります。iphone6の16GB、64GB、128GBの3種類で比較したところ、キャリアによって月々の割引額の違いはあるものの、端末代金についてはソフトバンク・ドコモ・auの中でどの容量においてもソフトバンクが一番安いようです。

実質負担額では、ソフトバンクとauがほぼ拮抗し合っています。新規・MNPに関してはドコモが3社の中で端末代金が最も高いものの、機種変更となると最も安いようです。携帯各社が設定した各種キャンペーンを活用すると、全体的にiphone6にお得に乗り換えるためのキャンペーンが打ち出されています。端末代金の割引、月額基本料金の割引などの特典があります。データ容量の定額料金が割引されることと、下取りプログラムと合わせて機種変更時に対象端末の使用で、毎月の利用料金を安く抑えられるのはソフトバンクとなります。iphone7にもこのような特典があることを期待したいところです。

キャリア比較・月額料金

iphone6での比較となりますが、3キャリア別月額料金を見るとデータ通信料の上限が5GBの場合、3社とも一律の料金設定となっています。携帯キャリア各社によってパケット定額料金に使用するデータ通信量の容量に違いはあるものの、月のデータ通信量の上限を30GBに設定しているソフトバンクとドコモに対して、auは13GBまでしか設定出来ないので通信を多くするユーザーにとってはデメリットとなります。

アメリカやハワイなど海外に行かれる方には「アメリカ放題」というサービスがあり、ソフトバンクが提供しています。このサービスは月額980円で海外からの音声通話、データ通信が無料になるというもので、国内・海外問わずに思いっきり使えるのはソフトバンクの強みと言えるでしょう。

アップル

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ