iPhone6sで登場した感圧センサー3D Touchの魅力とは

iPhone6sに新登場した機能のひとつに、”3D Touch”があります。これは、ディスプレイに加えた圧力をiPhone6sが細かく感知し、アプリごとの操作がより快適になる機能です。ここでは3D Touchの機能や魅力について紹介していきます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

簡単な基本操作でアプリ操作が快適に

3D Touch機能が加わったことにより、iPhone6sには”Peek”と”Pop”の2つの基本操作が追加されています。”Peek”は画面を軽い力で押しこむ動作で、アプリコンテンツを起動させることなく、その場でコンテンツや受信メッセージをプレビューすることが可能です。一方、”Pop”はさらに強い力で画面を押し込む動作で、Peekによりプレビュー表示したコンテンツやメッセージを実際に開くことができます。
メッセージ内のマップURLやサイトURLも、このPeekとPopでプレビューすることができます。また、PeekとPopをLINEのトークリスト上で行うと、LINEアプリを起動させずにトーク全体をプレビューすることもできます。

さらに、PeekとPop以外の便利な操作としてあげられるのが”クイックアクション”です。この操作では、ホーム画面上のアプリアイコンを押しこむことで各種のショートカット機能を起動させることができます。カメラアプリを一例としてあげると、カメラアイコンを軽く押しこむことで“写真撮影”や”ビデオ撮影”、”スローモーション撮影”といったショートカットメニューが表示されます。

3D Touchに備わっている魅力的な機能として、ほかにもキーボードをトラックパッド状態にする機能があげられます。文字入力をする場面でキーボードを1度強く押すと、指の動きに合わせてカーソル位置が動くようになります。文字入力をする際は、こうした機能も場面に合わせて使っていくと便利です。

ショートカット機能やプレビュー機能で煩わしい手間が省ける

いかがでしたか。3D Touchは、各アプリのショートカット機能やプレビュー機能などを利用できるのが大きな魅力。iPhone7では、より進化した性能が備わることが予想されます。iPhone7の発表、発売に期待したいところですね。

iPhone6sで登場した感圧センサー3D Touchの魅力とは

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ