液晶画面の傷付く不安がほとんど無くなりそうなiPhone7

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

最近のスマートフォンの液晶画面は、新しいモデルが発売される度に大きくなり、5インチを超える液晶画面を採用したモデルが珍しくなくなりました

iPhone5シリーズまで4インチの画面にこだわっていたAppleも、6シリーズから液晶画面を4.7インチと5.5インチに大型化してきました。今年の秋に発表が予想されているiPhone7でも同じサイズの液晶画面になるとの情報が流れています。スマートフォンではカバーや保護フィルムを付けないと液晶画面はむき出しのままですから、使っていたり持ち運んでいたりするときに傷付くことが増えると不安を感じている方が多いのではないでしょうか。

落としたり何かぶつけたりしてひび割れてしまうという不安もありますね。現行のiPhone6sシリーズでは液晶画面に3D TouchやTouch IDなどの機能も搭載していますから、そうなると使えなくなってしまう不安もあると思います。そんな不安を無くすためにAppleではこれまで、「ゴリラガラス」と呼ばれる、液晶画面用の強化ガラスを採用してきました。

iPhone6シリーズではそれまでに比べてひび割れに対する強度を50%向上させ傷が発生する割合を40%減らした「ゴリラガラス3」を採用し、6sシリーズでは製造方法に特殊な二重イオン交換技術を取り入れさらに強度を増した液晶画面を採用しました。iPhone7ではそれらを上回る強度を実現することは間違いなさそうですから、液晶画面が傷付く不安はほとんど無くなりそうですよ。

外出先での操作

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ