iphone7に採用される電波干渉防止の技術

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

新しい技術で電波干渉を防ぐ

iphone7では電話としての機能やモバイル機器としての性能が上がるように設計されています。設計が改良された内容の一つに、電波干渉を抑える素材を採用している点が注目されます。以前から特にiphoneシリーズにおいて、電波干渉の問題が指摘されていました。

この問題は発生するとデータの受信速度が極端に落ち、通話の品質も損なわれます。アップル社はこれらの問題に対する解決策として、電波が干渉をしないための素材を開発しました。それを本体裏側に取り付けることにより、これまでのシリーズにも匹敵する使いやすさを維持することに成功しました。

iphone7からその技術が採用されることが決定されましたが、本来はiphone6sのころからその技術のうわさが流れていました。しかし特許を申請する問題から採用が遅れ、ようやく今回の採用に至りました。

アルマイト金属素材の採用
具体的に特許を取得したのは、アルマイト金属素材を利用して電波干渉を抑えるという技術です。金属素材を利用した電波干渉を抑える技術は、多くのユーザーに対して受け入れられると考えられています。

これまでのiphoneには、本体の裏側にプラスチック製のラインを設けることにより、電波干渉を抑えていました。しかし、これがデザインの面において美しさを阻害している原因となっていました。ユーザーからの不満も多くあった中で、今回のアルマイト金属素材を採用すれば電波干渉とデザインの両面において問題を解決できると考えられています。

おしゃれ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ