iPhone7sでワードを使う方法

ちょっとした文章を作る際や本格的な書類を作る際にも便利なワード。iPhone7sでもワードを活用することが可能です。ワードの機能をどこまで使いたいのかによって、有料版と無料版を使い分けていきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sは添付ワードを簡単に開ける

iPhone7sでは特にアプリケーションのインストールをせずワードファイルを開くことが可能です。
メールに添付されたワードファイルをタップすれば簡単に開けますので、内容を確認することができるでしょう。もちろんこのワードファイルを添付させ、転送することもできます。

ただしiPhone7sでワードの編集をするためには、アプリケーションが必要です。閲覧するだけであればアプリケーションのインストールは不要ですが、編集するためには必ずアプリケーションをインストールしましょう。
iPhone7sでワードの編集をするにはタップ操作またはスタイラスペンを使用するため、パソコンのように両手を使用する必要はありません。

簡単操作で画像の挿入などを行うことができます。パソコンではワード操作が苦手な方も、iPhone7sならば簡単に資料作りなどもしやすいのではないでしょうか。

iPhone7sでアプリをインストールすれば作業ができる

閲覧するだけではなく、実際に資料作りなどを行う際には、iPhone7sにワードアプリをインストールしましょう。マイクロソフトが公式に配布していますので、インストールすればファイルの編集が可能になります。

無料版では簡単な編集しか行うことができませんが、有料版にアップグレードするとパソコンと同じように各種編集機能が扱えるようになります。
上記の通りパソコン操作に比べiPhone7sての操作は非常に簡単ですので、今までワードファイルを編集したことがない方もチャレンジしてみると良いでしょう。

iPhone7sでワードファイルの編集方法を身につけてしまえば、パソコンで操作をする際にも困りません。またiPhone7sでワードファイルの編集をすれば全体的なバランスが見やすいです。
パソコンのように画面をスライドさせる必要がなく、全体のイメージがつかみやすいメリットもあります。

ワードのツールを使う時には編集ボタンから

iPhone7sでワードファイルの編集を行う際には新規作成から行います。その他様々なツールを活用する際にはiPhone7sの画面上部に表示される編集ボタンから行いましょう。
パソコンのように様々なツールボタンが並んでいるわけではなく、編集ボタンからツールを選ぶことになります。

有料版を利用する際には、あらかじめマイクロソフトのユーザー登録をする必要がありますので、忘れずに行っておきましょう。
必要なタイミングで有料メンバーへの登録をする事も可能です。

iPhone7sで編集したワードファイルは、編集するだけでなく保存して後から編集を続けることも可能です。
移動中などにワードファイルの操作を行い一時期に保存しておけば、その後帰宅後にも簡単に手元でワードファイルの編集が行えるのです。
わざわざパソコンを開く必要がなく、手軽に資料作りができて便利ですね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ