iPhone7sのvpn設定方法とは

iPhone7sの発売が期待される中、その機能についていろいろな情報が寄せられています。その中でも、気になることと言えば、vpn設定なのではないでしょうか。これがあれば、非常に便利にiPhone7sを使いこなすことが可能となります。そこで、今回はそれらの設定方法を紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

そもそもvpn設定とは?

iPhoneシリーズでは、ユーザーの登録をせずに利用できる公衆vpnを利用することが可能となっています。上手に接続すれば、利用できるシーンは多々あります。たとえば、海外の動画サイトなどを見たい場合、日本では政府が検閲用ファイアウォールを使用しているのですが、それを回避して閲覧することが可能となっています。もちろん、自由に見られるということもあって、多くの方がその機能を利用しています。

その他、IPアドレスがvpnサーバーのものに書き換わるため、インターネットで安全に情報発信をしたりすることが可能となります。さらには、様々なコンテンツの閲覧もできるなど、利便性は格段に向上するでしょう。また、暗号化によって、安全に公衆無線LANを利用できるというのも魅力と言えそうです。

vpn設定方法

設定するためには、まずはiPhone7sの「設定」を選択しましょう。この設定画面は、どのシリーズにも採用されていて、根幹となるiPhoneの設定を行えるようになります。タップして開くと、「一般」という設定があるので、そちらをさらにタップしてください。大抵の場合は、その中にvpnという項目があります。そちらをタップすれば、設定することが可能となります。

開いてみると、「構造を選択」という画面が出てきて、「vpn構成を追加」というものがあります。そちらをタップしましょう。その後、「構成を追加」をタップすると、設定画面が出てきます。ここで、それぞれのvpnを設定していくようにしましょう。それぞれIPアドレスなどを入力して、終了です。なお、「アカウント」や「パスワード」、「シークレット」などの項目があるので、そちらには「vpn」と入れておくと良いです。

最後は「すべての信号を送信」を通常「オン」にしておき、「vpn」を「オン」にして接続すれば完了です。接続が完了すれば、そのまま機能を使うことができます。

設定方法は難しくない

こういう専門的な知識となると、やはりお手上げ状態になってしまうという方も多いのではないでしょうか。そういう方は、手順通りに設定するだけで良いので、トライしてみてください。

設定だけであれば、ものの10分もかかることはないでしょう。問題は接続してどうやって使っていくかを知ることです。最初から諦めてしまうというのはもったいないので、ぜひ利用してみてください。

iPhone7sの設定方法も、このような手順で行えると言えそうです。なお、vpn設定をマスターしておけば、上手にウェブを活用していくことも可能となります。設定方法だけでも頭に入れておけば、さらにiPhone7sの用途も増えていくでしょう。上手に活用してみてください。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ