iPhone7sのピンチアウトで何ができる?

iPhoneの技術は進んでおり、昨今発売されているiPhone7やiPhone7Plusはスマートフォンの中でも画面の大きさで目を引きます。そして今後発売が予定されているiPhone7sにおいても、画面が比較的大きくなることが予想されています。しかしそのような大きな画面でも見えにくいサイトなどは、ピンチアウトの機能を使って見やすくすればよいでしょう。ピンチアウトの機能について押さえておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ピンチアウトってどういう機能?

iPhone7sに限らずiPhoneユーザーにおいてはピンチアウトの機能を抑えておくとよいでしょう。ピンチアウトとは、iPhoneをはじめとしてiPodTouchやiPadなどのタッチパネルに使う機能です。タッチパネル上には指を押して何かを実行する機能が多いのですが、ピンチアウトもその一つであり親指と人差し指で画面を押し広げるようにして拡大する動作です。これは、写真撮影などにおいて画面を拡大するときなどに使用します。ピンチアウトと反対に指の感覚をつまむように狭めることで画面を縮小する捜査をピンチインといいます。

ピンチアウトの機能はどんなところに使われているの?

iPhoneにおいてピンチアウトの機能は、写真撮影などでピントを拡大するときに使います。ピンチアウトの機能があれば、小さくて見にくい画像や見にくいウェブサイトも画面を拡大することでより見やすくできるからです。地図アプリにおいても、地図が大きすぎてわからない時は、ピンチアウトをすることで地図をわかりやすく見せることもできます。そのため、ピンチインとともに無意識に行っている人も多い機能の一つです。ブラウザなども拡大して使うことができますので、何かを検索する際にも、ピンチアウトは便利な機能であり、iPhoneには最初からプリセットされています。今後発売が予定されているiPhone7sについても同様であると考えられます。

ピンチアウトの機能で注意すべきことは?

ピンチアウトの機能を使用することによって、safariや写真撮影などの画面の拡大をすることができます。しかしながら、ホーム画面は拡大することはできません。ホーム画面を拡大しようと思うのであれば、設定のズームという機能を使う必要があります。ホーム画面にズームを設定すると、safariなど他の画面でもズームしたまま拡大表示されるからです。しかしながら、設定における拡大とピンチアウトには大きな違いがあります。ズームによる拡大表示は輪郭がぼやけるのに対し、ピンチアウトは輪郭がぼやけることもやく、はっきりと見ることができるからです。

ピンチアウトとは、親指と人差し指を使って間を広げるようにして画面を拡大する作用です。ズームと違って端っこがぼやけることもありませんのでアプリなどでも活躍します。ピンチアウトを使えば、写真撮影や地図アプリ、ウェブサイトなどを拡大して表示できます。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ