高機能なiPhone7sのマイクとは

iPhoneで電話をしているときに相手から電話の声が聞こえにくい、などと言われることがあります。特に最近のiPhoneでは非常に機能性が上がっていてデザインもスタイリッシュであるがゆえにどこがマイクでどこに向かって話したらよいのかわかりません。今後発売が予定されているiPhone7sもデザイン性が高まると思われますので、iPhoneのマイクやその機能について知っておきましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sのマイクってどこにあるの?

実は、イヤホンジャックもないiPhone7sですから、マイクを探すのも難儀なことです。iPhone7では、受信レシーバーの内部にノイズキャンセリング用とされるマイクが内蔵されています。もう一つは、カメラのレンズ横です。カメラレンズ横の小さな穴のようなもの、それがノイズキャンセリング用の音を集めるマイクです。最後に、Lightning端子部分の左右のグリル穴です。底面の側面部分にあります。iPhone6まではイヤホンジャック横になったものの、iPhone7からイヤホンジャックが廃止されているのでそういった形になっています。

iPhoneで声が通りにくいって言われたらどうするの?

iPhone7sの技術は大変優れていますので、マイクの収音技術も優れています。そのため、電話の声が通りにくいなどと言われたら、iPhoneのケースや保護シートがマイクを覆っていないか今一度確認をしてみましょう。それだけでなく、iPhoneの持ち方によっては、iPhoneについてあるマイクを小指で覆ってしまったりする場合もあります。だから聞こえにくいという場合もあります。そのため、音が聞こえにくいと相手に言われた場合や、siriなど聞き取りがうまくできないといった場合、マイクがおかしいかもしれませんので自分のiPhoneの持ち方やカバーがマイクを覆っていないかを点検しましょう。

iPhone7sのマイクは高性能、その特徴とは?

iPhone7には高性能なマイクが内蔵されていますが、iPhone7sにおいてもその性能は優れていると予想されています。たとえば、Mic Roomというマイクシミュレーターのアプリを使えば、iPhoneの内臓マイクを高性能なマイクの音に変換してくれます。ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの合計2本を使うことができます。普通の通話やsiriでの会話に使うのであれば、iPhoneの内臓マイクを使えばよいのですが、音源とともに使いたいなどといった高性能なマイクを求めているのであれば、iPhoneの内臓マイクを使い、アプリによって仮想コンデンサーマイクにすることもできます。

iPhoneにおけるマイク機能は優れており、実はiPhone7にはマイクが3つありますのでiPhone7sにおいてもそうであろうと予測されています。マイクを指やカバーで覆っていると聞こえにくいので気をつけましょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ