新技術を搭載したiPhone7sは5.8インチの特別設計?!

iPhoneにとって販売開始から10周年の特別な年である2017年、今秋発売予定のiPhone7sについては、その仕様やデザインについて現在様々な予測が出回っています。ディスプレイについては有機EL(OELD)採用が有力な情報となっていますが、さらにサイズについて特別設計でリリースされるようだとの噂があります。


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  新技術を搭載したiPhone7sは5.8インチの特別設計?!

iPhone7sにとっての特別な設計とは?

は、今秋リリースのiPhone7sには3種類のモデルがあり、そのうちの一つはOLEDディスプレイを搭載した5.8インチになるとレポートしています。しかし、実際に操作できる範囲は5.2インチとのことです。Ming-Chi Kuo氏は「5.7~5.8インチのOLEDディスプレイの採用したiPhone7sは、特別な設計になるため、アクティブエリアは5.1~5.2インチになるかもしれない」としています。このレポートではべゼルフリー(枠・フチのないこと)についての言及がありませんが、仮にそうだとすると「5.8インチ分表示されるが、実際に操作できるのは5.2インチ分」と理解できます。それはたとえば、べゼルフリーデザインのスマホで画面端までタッチ操作を可能にしてしまうと、スマホを握っただけで画面に触れて誤作動が起こったり、アプリによっては操作できない部分が生まれてしまう可能性があるということになります。そういったことを考慮すると、操作可能範囲を限定したほうが、他アプリとの連携がとりやすくなるのです。Ming-Chi Kuo氏は、他のモデルについて「従来のディスプレイを使用した4.7インチモデルと5.5インチモデルも登場する」とも言っています。果たして特別な設計のOLED採用モデルが、これまで通りのデザインになるのでしょうか?仮にべゼルフリーの場合、本体サイズが5.8インチとなるとiPhone7sはiPhone7とほぼ同サイズです。そうなると、iPhone7と同様の大きさ、表示サイズがiPhone7Plus以上、操作範囲はiPhone7Plus未満と、特別な設計になりますね。

本体サイズそのままで画面のサイズをアップする?

iPhone7sのサイズについての他の情報として、BarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏とChristopher Hemmelgarn氏がレポートしています。それは、iPhone7s では5インチと5.8インチのディスプレイを採用するというものです。彼らがサプライチェーンから得た情報によると、本体は従来サイズのままで画面をべゼルフリーデザインにするということです。iPhone6や7と同サイズモデルは、4.7インチから5インチ、Plusシリーズの場合、5.5インチから5.8インチへと大きくなる傾向があります。また、iPhoneSEシリーズを想定しているローエンドモデルについては4.7インチになるとも言われています。さらに今回のレポートにあるOLEDディスプレイはPlusシリーズのみとの報告もあります。

サイズアップについては、過去にも同様の情報がリークされており、画面サイズの大型化となる場合、本体のサイズも比例して大きくなると考えられがちですが、べゼルフリーデザインであれば、本体サイズを変えずにサイズアップが図れます。但し、スマートフォンにおいては、コンパクトで操作がしやすいということが重要なポイントになりますので、iPhone7sでは、そのことを充分考慮し、新素材を搭載した特別設計で登場する可能性は十分ありますね。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ