iPhone7sとiPhone8に存在する2つの試作機とは?

iPhone誕生から今年で、10周年を迎えるApple社。今年販売を予定している新機種に対する思い入れが例年に比べ、特に強くなってしまうのは、仕方のないことでしょう。それは、今年発売を予想されているiPhone7sや、iPhone8の試作機のテストが、今現在もなお行われているとの噂からしても明らかです。

 

ところがその試作機がなんと2つ存在しているのではないかと噂されています。もしもこの噂が本当だとした場合、この2つの試作機の違いは何でしょうか?そしていったいどのようなテストが、行われているというのでしょうか?

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

2つの試作機は、Touch IDセンサーの搭載方法が違う?

2つの試作機の違いとは、指紋認証センサーTouch IDの搭載方法の違いのようです。その1つはTouch IDセンサーが、iPhone7sやiPhone8の画面に内蔵されたもの。2つ目は、Touch IDセンサーが、iPhone7sとiPhone8の背面に搭載されたものです。

今までのiPhoneから、今回のこの搭載方法の変更として考えられる最も有力な理由は、かねてより噂されていた、iPhoneの大幅なデザイン変更による画面の大型化ではないではないでしょうか。

最終型プロトタイプは、touch IDセンサーの背面搭載を目指す

Apple社の希望する、iPhone7sとiPhone8の最終型のプロトタイプとしては、Touch IDセンサーを背面に搭載しているものを目標としているようです。それを裏付ける図面も、真偽は定かではありませんがリーク自体は事実です。

しかし今回、製品化される可能性の高いものとしては、なぜか、iPhone7sとiPhone8の画面にtouch IDセンサーを内蔵したものを、という説が有力なようです。もしかすると、設計や方針などに変更があったのかも知れません。ただし、Touch IDセンサーを画面に内蔵ディスプレイすることに関しては、技術的な問題に直面しているらしく、このまま商品化するのは難しいかも知れないという噂もあります。

iPhone8の新しい機能とは?

iPhone7sがiPhone7のデザインを引き継ぐのに可能性が高いことに対し、iPhone8はデザインを大幅に変更する可能性があるとのことです。画面を囲む縁の幅が4ミリに抑えられることで、iPhone7と同じサイズでありながら、画面を大型化することが可能になります。

その画面の大型化によって、FaceTimeカメラは、現在のiPhoneのように、前面には搭載されず、画面の中に埋め込まれた形の実現が可能となるそうです。おかげで、そこにカメラがあることは分からなくなるようでもあります。

加えて、電源ボタンも大型化するのではないかという話しではあります。これは接点を2つ持つことを意味しており、iPhoneのロックや電源などのコントロールのみの機能だけにとどまらず、新しい機能の追加が期待されるかも知れません。その細かい内容については、まだ明らかにはなっていないようです。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ