iPhone8だけでなくiPhone7sにも曲面有機ELディスプレイが搭載される?

iPhone7の次世代機として期待されている、iPhone7sやiPhone8。iPhone8には曲面有機EL(OLED)ディスプレイが搭載されるという噂がありますが、実はiPhone7sにもiPhone8同様、曲面有機ELディスプレイが搭載されるという噂があります。あくまでiPhone7sやiPhone8の発表段階での噂ではありますが、この曲面有機ELディスプレイとは一体どのようなものなのでしょう?そして発売日までに搭載される可能性はあるのでしょうか?


iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

HOME > iPhone7s予測情報 >  iPhone8だけでなくiPhone7sにも曲面有機ELディスプレイが搭載される?

iPhone7sやiPhone8に搭載されると噂の「曲面有機ELディスプレイ」とは?

「有機ELディスプレイ」は別名OLEDディスプレイともいい、電圧を掛けることで発光する物質を利用したディスプレイを言います。発行体に有機物であるジアミン類などを使用することから「有機EL」と呼ばれるそうです。

有機ELを使うメリットは、通常の液晶画面よりも発色が良く、視認性が優れるだけではなく、応答速度も上がるうえ、更に省電力になるためiPhoneでの通話時間や使用時間が増えることに繋がるようです。また薄型にすることも出来ますので、より軽量化を図ることが出来るようです。

更に曲面(フレキシブル)有機ELディスプレイにすることで、紙や布と同様に丸めることや折り曲げることも可能ですので、iPhoneにありがちだった画面の破損やひび割れを避けることが可能になります。

Apple社はiPhone8への曲面有機ELディスプレイ投入に前向き!iPhone7sは?

日本経済新聞社の報道によると、2018年に発売予定のiPhoneの表示装置として、有機ELパネルを採用する旨を部品メーカーなどの複数取引先に伝えたそうです。またガジェット速報でも同様に、既にLGやサムスンなど、アップルに部品を供給しているディスプレイ供給メーカーに伝え、メーカーは2018年に発売予定のiPhone8のスケジュールに合わせて行動を開始しているそうです。これはかなりApple社の本気度を期待できる報道ですね。

このようにiPhone8に関しての報道が多いものの、iPhone7sも同様に曲面有機ELディスプレイが搭載されるという記載は今のところ無いようです。しかも上記報道にあるように、曲面有機ELディスプレイは「2018年に発売予定のiPhoneの表示装置として」ですので、2017年に発表や発売が噂されているiPhone7sには搭載されない可能性が高い気がします。もともとiPhone7sはiPhone7のマイナーチェンジ版と噂されていますので、このような新技術を使ったiPhoneは、iPhone8のほうが相応しいかもしれません。

曲面有機ELディスプレイをiPhone7sやiPhone8に搭載される可能性は?

上記でお伝えしたように、Apple社としては、iPhone7sはともかく、iPhone8に曲面有機ELディスプレイを搭載することには前向きですが、実際に搭載されそうでしょうか?実はここにきて曲面有機ELディスプレイの供給体制が間に合わないのではないか、という噂もあります。

現時点で曲面有機ELディスプレイの生産に取り組んでいるのは、サムスンとLG、シャープ、ジャパンディスプレイの4社ですが、サムスンはギャラクシーの発火問題、シャープは鴻海買収によるゴタゴタがあり、更にLGは準備不足がささやかれています。しかもシャープとジャパンディスプレイは製品として供給・量産体制が整っていないようですので、実際問題iPhone7sどころかiPhone8にも曲面有機ELディスプレイの発売予定である2018年も厳しいのではないかとも噂されています。

今のところ、供給体制側の問題もあり、曲面有機ELディスプレイがiPhone7sやiPhone8に搭載され発売されるかどうかは未定ですが、搭載されることによって画期的な製品になることは間違いないでしょう。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ