iPhone7sなどに採用されると噂の、虹彩認証システムの問題点とは?

iPhone7やiPhone7 plusの後継機と噂されているiPhone7sやiPhone8には、虹彩認証システムという指紋認証システムに変わる新システムが搭載されると噂されています。指紋認証システムは、手荒れや手やスマートフォンの読み取り画面の汚れ・傷、ハンドクリームなどの油分の付着に弱く、指紋をスムーズに認証できないという欠点が指摘されていました。また、iPhoneユーザーが寝ている間に、ユーザーの指紋をiPhoneのホームボタンで読み込ませることにより、第三者がユーザーのメールやSNSなどを盗み見るという事例も発生し、セキュリティ面では改良が必要との声も出ていました。そのため、指紋認証に変わる新しい認証システムとして、虹彩認証システムや顔認証システムの実用化が、Apple社にとっても急務になっているようです。

 

虹彩認証システムは、人間の目をiPhoneやiPadなどの機械のカメラで撮影することで、撮影された画像をデジタル変換して数値化し、対象となる個人の虹彩情報とマッチングさせることで認証する方法を言います。人間の虹彩は指紋同様に細かい模様があり、たとえ一卵性双生児でも虹彩の模様が異なることから、認証には非常に適した体の部位といえます。また目の虹彩は年齢を重ねたとしても、目に怪我をしない限りほとんど変わりませんし、操作性も非常に簡単ですので、iPhone7sなどの新機種をはじめ、今後ますます虹彩認証システムが取り入れられることが多くなりそうです。

 

虹彩認証システムはiPhone7sやiPhone8で搭載されれば、非常にユーザーの利便性も高く、しかもセキュリティ面も向上する画期的なシステムではありますが、いくつか問題点が指摘されていることも事実です。一体、iPhone7sやiPhone8に指紋認証システムが搭載された場合、どのような問題が生じる可能性があるのでしょう?早速検証してみましょう。

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sなどに虹彩認証が搭載された場合、予想される問題点 その1:野外での利用に弱い可能性がある

iPhone7sなどに搭載されると噂の虹彩認証は、赤外線LEDを照射して撮影する方法を取りますが、強い日差しを持つ太陽の下や野外などでは赤外線が妨害され、虹彩認証システムが正常に作動せず、認証しにくくなる可能性があります。そのため、iPhone7sの虹彩認証システムを利用する際には、屋内や日陰に入って認証を行う必要性があり、若干iPhone7sユーザーには操作が面倒になることがありそうです。

iPhone7sなどに虹彩認証が搭載された場合、予想される問題点 その2:特殊なコンタクトレンズやサングラスは外す必要あり

若い人の間で人気のカラーコンタクトレンズや、瞳が大きく見えるコンタクトレンズ、サングラスの着用時は、iPhone7sの虹彩認証システムがうまく作動しない可能性があります。サングラスはすぐに外せますが、カラーコンタクトレンズの場合は面倒ですね。とはいえ、通常のコンタクトレンズを使用している場合やメガネ使用の場合は問題ありませんので、着用したままiPhone7sの虹彩認証が可能です。(但し、メガネ使用時は、虹彩認証の認識率が低下することもあるようです)

iPhone7sなどに虹彩認証が搭載された場合、予想される問題点 その3:人権侵害や様々なリスクの可能性

iPhone7sなどに搭載される虹彩認証システムは、数メートル離れていても認証できる便利さはありますが、逆に悪意を持った第三者に虹彩認証を利用される可能性があります。また、IDカードなどと同様に、個人情報を抜き取るために利用され、人権侵害されるリスクも可能性としてあります。さらに、目は動物にとって急所でもありますので、悪意を持った第三者にiPhone7sなどの虹彩認証システムを細工された場合、非常に危険性を持った機械に変貌してしまう危険性も指摘されています。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ