カメラのバースト機能をオフ! 指シャッターを使ってみよう

バースト(連写撮影)は非常に便利な機能です。しかし、人によってはその機能が邪魔になってしまうことも……。このページでは、iPhoneカメラのバースト機能をオフにする方法についてご紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

長押しでピントを調整する機能へ元通り

iOS7〜iOS8の場合、カメラのシャッターボタンを押し続けると自動的にバーストされます。一方、この機能が搭載される前までは、同じ行動をとってもバーストさせることはありませんでした。というのも、当時はシャッターボタンを長押しするとピントの調整が行えたのです。シャッターの長押し=ピントの調整という仕組みに馴染みがある方だと、現在のバースト機能に戸惑ってしまうことも……。では、一体どのように改善すればよいのでしょうか。

その方法としては、まずホーム画面から”設定”、”一般”、”アクセシビリティ”、”AssistiveTouch”の順にアクセスします。表示された画面上のAssistiveTouchをオンにしたら、その下にある”新規ジェスチャを作成…”をタップ。すると、画面中央より少し下の位置に小さな丸が表示されます。これをタップし、右上の”保存”を選択してください。その後、新規ジェスチャの名前を決定する画面が表示されるので、”シャッター”などとわかりやすい名を記入してください。

ここまで終えたら設定は完了です。その後カメラを起動し、画面上に表示されている”AssistiveTouchボタン”をタップして、”よく使う項目”のなかから先ほど付けた名前のアイコンを選択します。そうすると、シャッターを長押ししてもバーストさせることはありません。

iPhone7でも試してみて

iPhone7の購入を検討中で、”指シャッターにしたい”とお思いの方がいれば、ぜひこの方法を試してみてください。iPhone7でもバーストを防ぐことができるかもしれません。

iphoneグッズ

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ