データを見られることを防ぐ! 2ファクタ認証について

Apple IDを守るために活躍するのが、“2ファクタ認証”と呼ばれる機能です。このページでは、iPhone7でも継続されるであろう2ファクタ認証の概要や使い方などについて紹介します。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

大切なデータを守る2ファクタ認証機能

Apple IDは、iCloudやApp Storeなどのサービスを使用したり、データを管理したりするのに必要なものです。したがって、Apple IDの流出など万が一のときのセキュリティ強化は不可欠。そんなとき役立つのが“2ファクタ認証”です。この2ファクタ認証とは、普段使用しているiPhoneとは別のデバイスからApple IDへアクセスする際の認証を、2重にする仕組みのこと。Apple IDへの不正アクセスや乗っ取りなどに効果を発揮するので、対象となっているデバイスをお持ちの方はぜひ設定を行っていきましょう。

まず、“設定”アイコンから“iCloud”、“iCloudアカウント(最上段)”へ進み、さらに“パスワードとセキュリティ”を選択していきます。その後、“2ファクタ認証を設定”、“続ける”の順番で項目を選択していきます。進んだ先では秘密の質問が表示されますので、記入欄に答えを入力します。

その後、本人確認が可能な連絡先を入力するページとなっているので、必要な情報を記入しましょう。記入後、“次へ”の項目をタップすると設定が完了します。

設定後、別のデバイスで同じApple IDを使用する際は、Apple IDのほかに確認コードを入力する必要があります。初めて使用するデバイスにApple IDを入力すると、すでにサインイン済みのデバイスにサインインの許可を求めるメッセージと、確認コードが表示されます。この確認コードを確保して別デバイスに入力すれば、2重の認証を経てデバイスを使用することができます。

データ流出などのトラブルを防ぐためにも

いかがでしたか。大切なデータの外部流出が取り沙汰されている現在、2ファクタ認証などのセキュリティ対策は不可欠なものです。iPhone7では、こうしたセキュリティ機能の精度もさらに上昇していることが予想されます。iPhone7の発表に期待したいところですね。

寝てる人

関連記事はこちら

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ