iPhone7sの指紋認証でアクティベーションエラーのメッセージが出たら?

iPhone7やiPhone7 plusで採用されている指紋認証(Touch ID)は、iPhoneユーザーの利便性を高める機能であることから、iPhone7sでも採用されると噂されています。iPhone7sでの指紋認証は、パスコードの入力を必要とせず、ホームボタンにそっと指を置くだけでiPhone7sのロックを解除できるという、大変お手軽な機能です。また、iPhone7sにアプリとして内蔵されているApple Storeなどでも、パスコード無しに指紋認証だけで購入できるため、手軽にApple製品や様々なモノを購入することが可能です。

 

そのように、iPhoneユーザーにとって大変便利な指紋認証システムですが、iPhoneをアクティベーションしようとしても「このiPhoneでTouch IDをアクティベートできません」というメッセージが表示され、指紋認証が利用できないことがあります。iPhone7sでも同様の事態が起こる可能性がありますので、その原因は一体何なのか、そしてその対処法にはどのようなものがあるのかについて、検証してみましょう!

 

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7sでもTouch IDがアクティベートできなくなる原因とは?

iPhone7sでもTouch IDをアクティベーションしようとした際、「このiPhoneでTouch IDをアクティベートできません」という警告メッセージが表示される原因としては、以下の原因が考えられます。

1. アクティベーションしようとしたときに、アクティベーションサーバーが利用できない状況にあったため。
→このケースの場合は、サーバーの問題ですので、時間を置いてから再度指紋認証のアクティベートを試みると、問題なくアクティベートできる可能性が高いです。

2. iPhone7sに挿入したSIMカードがiPhone7sのサポート対象外だったため。
→「不正なSIMです」というエラーメッセージの場合は、SIMカードが破損している場合やSIMロックされている場合、またはSIMが検出できない場合が考えられます。

3. iPhone7sのアクティベーション途中で何らかのトラブルがあり、最後までアクティベーションを進められなかったため。
→トラブルの原因が電池切れの場合や何らかの動作中のトラブルでアクティベーションできなかった場合は、充電することやトラブルを解消することでiPhone7sの指紋認証がアクティベートできるようになります。

4. SIMカードがiPhone7sに挿入されていなかったため
→SIMカードを挿入することで、iPhone7sの指紋認証のアクティベートができるようになります。

上記以外の原因でiPhone7sのTouch IDがアクティベートできなくなった場合は?

1. 「システム状況のページ」のリストを確認し、「iOSデバイスアクティベーション」の横にあるボックスが緑色になっていない場合は、時間を置いてから再度アクティベートしてみる。

2. パスワードの入力画面が表示された場合、「iPhoneを探す」をクリックし、アクティベーションロックを無効にしてみる。

3. iPhone7sを再起動してみる。

4. モバイルWi-Fiを使っている場合は、安定したWi-Fiネットワークに接続し直してみる。

5. iTunesが最新バージョンにアップデートされているかを確認し、されていない場合はアップデートする。

6. 上記でもiPhone7sの指紋認証がアクティベートできない場合は、Apple サポートセンターに連絡してみる。

いかがでしょう。様々な原因によって取るべき対処法は異なります。iPhone7sでの指紋認証時にアクティベートできなくても、慌てることなく上記の方法を試し、問題を解決してみましょう。。

iPhone8 予約・購入はこちら ⇒ ソフトバンク公式オンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ